スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 #14「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 

毎回ハイクオリティな出来だったハルヒも今回で最終回。
ついにハルヒは退屈な日常に嫌気がさしたのか例の閉鎖空間が云々と言うことになったんですがいかんぜん古泉の説明がわかりにくい為に何がなんだか。
とりあえず「退屈な今の世界」から「ハルヒの望む世界」というのを作ろうとしたのかな? で、その中で唯一存在を許されたのがキョンだった…、と解釈していいのでしょうか?
しかし古泉の「アダムとイブ」とか「生めや増やせでいいじゃないですか」とか言っているところのカメラワークが妙にエロかったのは意図的なんでしょうか?

で、みくる(大)は「白雪姫」を例に例えてましたが、長門は「sleeping beauty」と直球な例を挙げてきました。
そういえばその長門のやりとりの中で「私と言う固体もあなたに戻ってきて欲しい」とありましたが、やはりこれは長門もキョンのことをひょっとしてひょっとするのでしょうか?
そして「YUKI.N>また図書館に」というのはOPでも使われてましたが、なるほど今となって改めて見てみるとOPにも相当な情報が詰まっていたんですね。

なんか「ポニーテール萌え」とか言って遂にキョンとハルヒのキスシーンが! (でも正直キスをすると何故元の世界に戻れるのかよく分からなかったけど)
で、現実世界に戻るわけで、次の日学校に行ってみると「悪夢」とか言いながらちゃんとポニーテールになっているハルヒは正直可愛かったです。閉鎖空間での出来事はハルヒの中では「夢」として認識されているようですね。

そしてみくるの「優しくしないで」という台詞の意味も何となく分かったし、ホクロの事もなるほどこういう事でしたか。今回の話から察するにみくるもキョンのことを少しは気にしているような印象を受けました。実際の所はどうかわかりませんけどね。
ただ一つ気になることがあると言えば「何故ハルヒにあのような力が備わったのか?」ということでして、古泉・長門・みくるらの説明から「3年前」に「何か」があった為というのは分かるのですがその「何か」とは何かという説明が無かったのが残念と言えば残念。

まあ、全体を通して見れば素晴らしい作品だったのは確か。この最終回をやりたいが為に話をシャッフルしたのかと妙に納得させられました。
まだアニメ化されていない原作もあるらしいので是非2期を希望したいところですね。
とりあえず、このようなハイクオリティな作品を作り上げたスタッフさんには最大限の賛辞を捧げたいと思います。
スポンサーサイト

涼宮ハルヒの憂鬱 #13「涼宮ハルヒの憂鬱V」 

さて、今回は何から感想を書いたら良いものか。
とにかく古泉の説明が多すぎて何がなんだか。しかも言い回しが遠回しで実に分かりにくい。

しかし、今回はハルヒの台詞が多かったのが意外と言えば意外。でもハルヒの「野球場の話」にはなにか共感してしまうものがありますね。でも小学生の時点でそこまで考えが至ってしまうハルヒはちょっと聡明過ぎるのかも。

そしてハルヒが望んだからこそ宇宙人である長門、未来人であるみくる、超能力者である古泉がそこに存在するわけで、ハルヒがごく普通のそういう事を望まない人間だったら長門やみくるや古泉は存在しなかったことになるのかな? んん? どうもよく分からなくなってきたぞ?

そして今まで至るところで会話に出てきていた「閉鎖空間」なるものが実際に出てきました。
暴れる神人と、それを阻止する古泉ら超能力者たち。暴れる神人、それはハルヒのストレス発散とでも捉えればいいのかな?

そしてそのまま放っておくと「閉鎖空間」と「現実世界」が入れ替わってしまうらしい?
まあ、それならそれで良いんじゃないの? と思ってしまう刹那的な私がいるわけで…。

しかしハルヒの長門に対して「どうして眼鏡をかけないの?」に対しキョンを見た長門は可愛かった。何も喋らなく無表情というのがここまで威力があるとは…。やっぱ長門萌えのアニメですよコレは!
そういえばみくるは今回出てましたっけ? ちょっと記憶に無いのですが、ついに背景以下となってしまいましたか…。

今回はとにかく台詞が多く盛り上がりにも欠け、とにかく分かりにくい話でした。次回はいよいよ最終回「憂鬱VI」となりますね。いやはや、どういう結末を迎える事やら。

涼宮ハルヒの憂鬱 #12「ライブアライブ」 

今回は文化祭の話。いきなり「ミクルの冒険」が流れてきたのでもしかして放送事故かと一瞬ビビってしまいました。客が結構入っていたのを見るとそこそこの人気はあったのかな? 以前ハルヒがDVDが云々言っていたのはここで人気がでたからでしょうか。

長門は何か予言らしきモノを。分刻みで今後起きるであろう事を延々と言うものだからこりゃまたえらいことに。古泉は演劇らしきものをやっていたのですが、何を言っているのかさっぱり。もう意味わからん。そしてみくるの焼そば屋。鶴屋さんも一緒でいやはやこりゃダブルでメイド服とは実にイイですな。

その後キョンは体育館で「ずっと座っていられるから」と言う理由で吹奏楽の演奏を聴いたりしているのですが、ここでの演奏に現役プレイヤーとしてはちょっと不満が。演奏していた曲はどっかで聴いたような気がして思い出せないんですが、それはともかくあんなに近くでのカメラアングルだったらもっと音は大きいはずです(あとちょっとMIDIのような音感がしたのも気になった)。

まあそれはともかく、何故かハルヒが壇上に上がってライブを。至ってまともな挨拶をしたり、あのハルヒがあんなに絶唱するとは意外と言えば意外。あそこまで顔を崩すとは思いませんでした。しかしここでのライブのシーンは気合い入りまくり。いやマジスゴイですよコレ。長門の指の凄さったらありゃしない。よくもまあ動画にしたものです。

その後褒められて動揺するハルヒはなんか可愛かったです。褒められることに慣れていないハルヒですが、バンドで経験した充実感は本物のはず。SOS団では味わえない「何か」をハルヒは掴んだようで、それはそれで良い経験になった事だと思います。

ところで話は変わりますが今回流れた曲が入ったCD、結局買っちゃいました。ミクル伝説が入っていたのでつい衝動買いを…。でもハルヒの歌っていた曲は実はまだ全部聴いてなかったり…。

そして次回は「憂鬱V」となるわけですが、「憂鬱IV」はえ~っと、どこまで話が進んでいたんでしたっけ?

涼宮ハルヒの憂鬱 #11「射手座の日」 

ということで、今回はコンピュータ研とゲーム勝負と相成った訳なんですが、いやはやタイトルこそ「鈴宮ハルヒの憂鬱」となってますが、真のヒロインは長門じゃないんだろうか? と思ってしまった訳で。ハルヒよりも長門の出番の方が多かったんじゃないでしょうか?

実際のゲーム画面は大したことは無いのでしょうが、3DCGを豪華盛大に使ったバトルシーンはさすが…と言えるでしょうか。今回のたった1話の為にこれだけのCG宇宙艦隊を作り上げるとは…。しかも音楽も無駄に豪勢な感じ。さすがは京アニ。
そして長門の感情(?)らしきものも少しではあるけど感じることができました。最後は確かに楽しげに見えました。

逆にみくるは何の役にも立たず。これじゃ只の背景だよ…もうちょっと活躍をお願いします。
ところで今回のサブタイトルには「射手座」とあるのですが、これの意味がちょっと分かりませんでした。何か意味があるのでしょうか?

涼宮ハルヒの憂鬱 #10「涼宮ハルヒの憂鬱IV」  

今回は久しぶりの「憂鬱」となるわけで、いきなりOPが無かったのにはビックリしましたがこれは何らかの意図があってのことなんでしょうか? ただ単に尺の問題かもしれませんが。

ということで、「朝倉さん」も長門と同じくする「宇宙人」であり、長門とは違い急進派だったということでした。長門とは違い、感情の起伏もあったし普通の女子生徒に見えたんですが…。見た目ではわからないものです。
そして何だかんだあって長門が勝利するんですが、その戦闘シーンの実に素晴らしいこと。長門の血まみれの姿にはちょっと動揺しちゃいましたが。
その際キョンが「メガネがない方が可愛い」とか言っちゃうもんだからメガネを外しちゃいました。まあ、私にはメガネ属性はそんなに無いからイイんですけど、しかしなるほど野球や孤島の時にメガネをしていなかったのはこういう事でしたか。
しかし「キョンを殺してハルヒの出方を見る」とか言っていた朝倉さんが消えて、それが逆にハルヒの感心を引いたのは皮肉としか言えませんね。

その後、今度はみくるからの手紙が。そこには「大人のみくる」がいたわけで…。
その証拠として「胸のホクロ」を挙げていたのですが、それを指摘したのはキョンだそうなんですが、ということは実際に後でみくるの胸元を見る機会があったということですよね? 何か妙にエロイ妄想しか浮かばないんですけど…。
そして「ヒント:白雪姫」…えっ、王子様と姫様のキスの如くキョンとハルヒがキスしたりするんでしょうか? それとも原作通り喉に詰まったリンゴが吐き出されるという展開? う~ん、これは気になる伏線が出てきました。
みくるの「あまり仲良くしないで」という台詞…これには何か妙に切ない感情が感じられます。近い将来、みくるはキョンに恋愛感情を持ちそうな印象を受けました。
キョンの「いくつですか?」みくる「禁則事項です」…うっひゃあみくる可愛い+さらに色気も加わってこれはとてもイイのですが、先の台詞からか妙に寂しそうに見えてしまいました。

ということで、次回はまた「憂鬱」から離れた話になるんですが、一体「憂鬱」っていくつまで続くんでしょうか? 野球の話が確か7話だったから、「憂鬱」はVIまである事になるのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。