スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん! 番外編「冬の日!」 

学園祭が終わった後の冬のある日の出来事…ということかな。
唯が鍋やろうかという話なんですが、こういう時に限ってそれぞれになんか用事があってダメらしい。
ということで、みんながいない一人で居る休日、そして部活のない休日とはどんなものか?ということですよ。

むぎは…バイトを始めた?みたい。元々バイトなんてする必要もないんですが、なんかこれは社会勉強っぽいですね。でも注文ミスしてしまったりと少々やらかしてしまったみたいで…いやいやでも最初だしこれは大目にみるべきか。
澪は…歌詞のアイデアを膨らませるために電車に乗って冬の海へ。次回作は演歌ですか? でもいまいちいい歌詞が思いつかないようで。まあ確かに冬の海と軽音の音楽はあんまり結びつきませんけど…これは行った場所がよろしくなかったんじゃないですかね?
律は弟を映画館に。それはともかく、律の頭の中にはポストの中に入っていたラブレターみたいなのが気になってしょうがなかった。「前髪を下ろした君も可愛い」みたいな内容で、一体誰なのか? 意識しまくりの律が、またいつもと違ってなかなかイイ。髪を下ろしてみた律はなんか唯みたいですね。
あずにゃんはネコを預かることに。猫じゃらしというのは今ではペットショップで買う時代なのか? そこらじゅうに生えているという印象しかないんですけど。そして、あずにゃん自体ネコみたいな雰囲気があるわけでして、行動がネコとシンクロしていたのはちょっと面白かった。しかしここでネコが吐いてしまってどうしたらいいのかわからないでパニクるあずにゃん。
…そのころ、唯と憂は鍋の準備をしていて、マシュマロ豆乳鍋とチョコカレー鍋とどっちがイイかでメールという…。いやいやどっちも無しだろ、これは…。あずにゃんは唯に電話してそれどころじゃないということで来て貰ってネコの事は解決。いやこれは多分唯じゃなく憂がなんとかしたのだとは思うけど。唯のこのメールによりみんなが今どうしているのかというのが分かってきて、結局むぎのバイトするファストフード店に終結。
結局、どんなときも唯が常に中心にいた。なかなかいい話じゃないの。
そういえば律のラブレターの話、実はあれは唯が歌詞の一つとして提案したものだったという話。あまりにも律をピンポイントで狙いすぎな歌詞じゃないかアレ?

ということで、まあ終わってみればなかなか面白い作品だったんじゃないかな?と思います。話がちょっとアレな部分もあったりしましたが、まあそんなにマイナスになるほどでもないしね。OP/EDは近年希に見るヒットになったようですが、私も便乗して今度のアンサンブルコンサート(身内だけですが)にけいおんEDで出たいと思っています。トロンボーン4重奏の予定で、すでに楽譜は作りました。あとは演奏する面子をそろえるだけですね…。

次回は大正野球娘だそうで、なんかこの時間帯に久しぶりに京アニ以外の作品が来るような気がします。
さて、こちらの作品はどうなんだろうか…? 気楽に見られる作品だと嬉しいんですけど。
スポンサーサイト

けいおん! 最終回「軽音!」 

えっ、むぎの眉毛はタクアンだと? というのは唯が病気にうなされて見た夢か。いやいや、しかしそのあとの憂の「和尚?」というツッコミはなかなかできるもんではないぞ。

ということで、一応最終回らしい。文化祭本番が近いというのに唯が風邪を引いたみたいで、さてこれが本番までに治るか?という話ですよ。澪は冷静なもので、唯が立てない場合を想定してあずにゃんにリードの練習をするように一応指示はするんですが、意外にもあずにゃんは唯じゃないとイヤだというし、最初の頃に持っていた唯に対する印象とはまるで逆、変われば変わるものですね。

……と思っていたら唯が部室にやってきたけど、あまりにも完璧すぎるために逆に不信感を抱かれてしまって実は憂の変装でしたという話なんですが、いやいやちょっと待ってそう簡単にギターってできるもんなの? 音楽の才能ありすぎだろ。そういえば唯は絶対音感みたいなのあったし、姉妹揃って天才だな…。あと、憂の方がおっぱいがでかいらしい(さわ子先生談)。そういえば結局憂は何の部活にも入らなかったのかな?

そしたら今度は当人が来たんですけど、今にも倒れそうだ…。澪は唯に本番までに風邪を治すことに専念するように言うんですが、その間練習はできないんですけど、まあこれはしょうがないかなぁ。
和が言っていたザリガニを風呂一杯にしたという過去の話は、まあ何だ、唯は昔からおかしかったと言うことか。一つのことに集中すると他が見えなくなる…っていうのは、まあ捉え方としてはプラス思考でイイかもしれないけど…。

そして学園祭当日がやってきて、唯は帰ってきた!…けど、本番直前に肝心のギターを忘れたことに気付いて家に戻りに行ったりと、何か忙しいな。楽器をいてくるとはらしいといえばらしいハプニング。ちなみに代わりのさわ子先生のギターでは相性が良くないらしい…。唯が楽器を取りに戻っている間は澪がボーカルで、さわ子先生代理にギター。唯がギターを取りに戻っていって帰っている姿は何か1話とダブりますね。なんか今回は唯が自らの成長を振り返るかのようなポエム? メッセージ?みたいなの流れてました。
そして戻ってきてみんなでライブ。なんか久しぶりに演奏シーン見るような気がするなぁ。あれ? 前回演奏シーンあったのいつでしたっけ。覚えてないや。そしてアンコール、むぎがリード出すとは思わなかった。結局1曲歌っただけで時間切れになって終わってしまいましたけど、まあそういった時間制限ないといつまでも演奏していそうな面々ではありますよね。

ということで、まあ何というか、一応最終回っぽい話というか、無難にまとまったというか、
次回もう一本あるそうですけど、あくまでも番外編ということになるそうで。そういえばさわ子先生のメタルのCDがでるそうで、実はメタルというのがどういうジャンルの曲を指すのか知らないんですが、なんかパッケだけでもインパクトあって気になるなぁ。

けいおん! #11「ピンチ!」 

結局また文化祭に申し込むのを忘れていた面々。バンド名を決めないといけないようなんですけど、昨年の文化祭はどういう名前で申し込んだんでしたっけ?

さて、唯は唯でギターの調整をまったくやっていなかったと言うことなんですが、結局むぎのコネでタダになったという運の良さ。律はあれでもちゃんとドラムの調整をやっているという話。そういえば部屋も随分と片付いてましたよね。意外にマメなところがあるのかもしれない。

ここで、唯は和との約束があるということでそちらに行こうとするんですが、澪も同じクラスということで一緒に行くことに。これを見ていて面白くないのが律ですよ。後ろからついていって、澪と和がイイ雰囲気になると間に割ってはいるという…これはなんという嫉妬深さ(といっていいのかはわからんけど)。これはなんだ「澪は私の一番でないといけない」と律が思っているとかそういうこと?
さらに次の日からは律も学校を休むようになってしまって、このままで学園祭に出ることすら危うくなる。先生もドラマーの代わりを…という現実的な案が。しかしそうドラムって出来る人いないんですよねぇ。しかし律と澪の関係はそこまで険悪になっていたの? 特筆すべきは律の嫉妬深さといったところか。

……と思ったら実は風邪で休んでいたという話。澪はちゃんと行ってあげて、看病してあげるのでした。やっぱ澪と律は親友同士…ということなんでしょうね。律と澪のちょっとした不協和音…これが今回のサブタイの「ピンチ」ということなんでしようか? ということで、随分とあっさりと決着がついたものでした。

そしてバンド名は先生が勝手に付けた「放課後ティータイム」という名前…こんなんでいいのか!? まあ「充電時間」よりははるかにマシですけど。

そしてたら次は唯が風邪を引いてしまったというオチ! これはうつされたと言うことか…というかこっちの方がより「ピンチ」じゃないですか。サブタイはこっちのことを言っていたのか~! 一応ギターもう一人いるし、澪は…言えばやってくれそうだけど…。いやちょっと待て、逆を考えると唯なくてもなんとかなりそうな気がしてきたぞ?

けいおん! #10「また合宿!」 

季節は巡り、あずにゃんも入ってきても相変わらず全然練習しない面々ですが、そんな中またしても合宿の計画が。今回はさわ子先生も誘うんですが、なんか面倒くさそうにしたのが運の尽き? …というかこういうのは先生が率先してやるんもんじゃないのか。
そして唯は暑いの苦手でクーラーも苦手らしく、夏はダラけまくり。そんな唯を憂は可愛いとか言っちゃってるもんだから、あーだから姉はあんなダラけちゃったんだ…。唯のあの性格はある意味憂が作ったとも言えなくもないな。

合宿は今回もむぎの別荘に。唯や律の想像するいわゆる典型的な「お金持ち像」の期待に反しないもので、執事がいたり、去年とはまた違う別荘(まだあるらしい)、さらにクルーザーとか出てきましたけど、どれほど金持ちなんだ…。

そして澪とあずにゃんは練習から…というのですが、唯と律はまた遊びから。ここでむぎが遊び派に回ったことで多数決で決まっちゃいましたね。むぎは「練習をしたい」というよりも「みんなといる時間を楽しみたい」という事ですか。やることは去年とあまり変わりません…というか無人島ネタとかむぎのサンドアートとかフジツボとかまた引っ張るか。そして夜の肝試しでさわ子先生がやってきた。よくこの場所が分かったなぁ。そしてそこまでして遊びたかったのか。
結局一番遊んでいたのは日焼けまでしたあずにゃんで、去年の澪のポジションをそのまま踏襲した形に。澪とあずにゃんは容姿も結構似ているというか、部活内のポジションも似てますよね。でも先生のポジションは去年のイメージから一転ダメ人間になってしまっちゃいましたが。

結局今回も練習シーンはないのか…と思ったら夜一人練習している唯の元にあずにゃんが行くという展開。唯には絶対音感?があるようで、これは凄いなぁ。ギターの練習をする2人は上級生・下級生という枠を越えたそれ以上のものがあるように思ったけど、唯のあの性格は上下関係のある社会に出たら通用しなさそうだ。やはり先天的な才能を生かしてミュージシャンに生きるしかないのか??

そして練習する気満々だったあずにゃんは、ものの見事に軽音部に染められて合宿から帰ってきたという何ともな結果に。まあ親睦を深めるというのも合宿のあるべき姿の一つだからなぁ、練習あまりやってなくても…いや、やっぱ練習やらんとダメだよなぁ(笑)…。
でも、その後あずにゃんは憂に結果報告?するんですが、まあ嬉しそうだったし、先輩の今まで知らなかった姿を知ったという点ではこの合宿は有意義だったのかもしれませんね。

けいおん! #9「新入部員!」 

ということで、新しく梓…早くもあだ名はあずにゃんとなりましたが、早速OPにも登場です。半ば無理矢理感がありますけど…。

結構やる気があったあずにゃんですけど、早速軽音部のゆるさというか、そもそも先生が突出したダメ人間なわけで「ネコミミつけろ」とか言うし、これはもう真面目人間にはちょっとしたいじめに近いかもしれん。練習は全然しないし、端から見るとダメ人間の集まりにしか見えないわけで、なんでこんな部に惹かれたんだろうというあずにゃんの気持ちはよく分かる。
しかも後輩にも関わらずあずにゃんが率先してこのけだるい空気をなんとかしようというものの、早速唯のお菓子攻撃(?)で餌付けされてるし、やっぱ唯も一応「姉」キャラなだけあってあずにゃんのような所謂「妹キャラ」を手なずけるのは得意なんだろうか。

そんな中、あずにゃんも顔も性格も似ていそうな澪にちょっと近づいて「なんで外で組まないの?」みたいなこと聞くんですけど、いやいや高校生で外でバンド組むのもどうよ?(最近の事情は知らんけど)…というかそれ以前に澪は絶対見知らぬ他人とは組まないだろうなぁ、これは聞く相手を間違っていますよね。
そして、あずにゃんは実際に外でバンドを見て聴いてみても上手いんだけど新歓時の軽音部以上の感動は得られなかった。結局何に惹かれたのか? ということですけど、後日軽音部でまた演奏を聴いて彼女なりの答えが出たようで。だらけた時間もまあ実際には必要なものなんでしょう…という餌付けの話でしたとさ。

一応、音楽関連の部活(吹奏楽)に入っていた私の体験からすると、実際にはこんなゆるやかじゃなかったです。上下関係はあるし、コンクールだとか定期演奏会とかそれなりの演奏を要求される機会もあったし。まあ顧問や外部の指揮者が居ないときはパート練習ほっぽり出して部室で麻雀やってたり、屋外で音出してくるといってコンビニ行ったりと結構好き勝手やってましたが…ってアレ?こうやって自身を振り返ってみると結構ダメ人間だったんだな…。
ただ、仲良しクラブと思って続けると必ずどこかで失敗する…これは言える。なんか現状のゆるやかな軽音部を見ているとちょっと心配になるんですよね。どこかでほつれが出てきそう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。