スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイーンズブレイド -玉座を継ぐ者- #12「大志!玉座を継ぐ者」 

最後のアルドラvsレイナの戦い。

やはりアルドラの力は圧倒的なんですが、レイナが今まで戦って来た人たちの想いを受け止めてきたとかで、いきなりみんなの技(?)が使えるようになって逆にアルドラを圧倒し始める。確かに一人一人の力は弱いかも知れないけど、みんなの力が合わさればアルドラに勝てる! ということかもしれない。けど、古い例で申し訳ないんですが「北斗の拳」に無想転生ってありましたよね、あれ思い出してしまいました。

女王が試合に出て居ない間に、ラナは女王の部屋に行って水晶にされた父母を復活させようと。部屋に転がっていた鎌からアイリが復活してきたシーンは良かったなぁ。本体は鎌の方なんだ。何気に2期になって一番クローズアップされたのってアイリとラナのコンビですよね。主人公であるはずのレイナより目立ってたし、成長したと思う。
そしてナナエルは天界に戻っていて、天使長曰くアルドラには「堕天使デルモア」が取り憑いているらしい。というか誰でしたっけ、こんな名前今まで出てきたっけ? 取って付けたような設定のような気がしなくもないけど…。というかどういう理由で天界を追われたんだ? まあ、ナナエルも聖乳をたくさん貰ってきて、カトレア夫妻も復活。

そして聖乳をアルドラにかけてデルモアが出てきたと思ったら、意外にもみんなからフルボッコされてあっさりと…最終ボスにしては弱いなあ。そしてアルドラはデルモアが出てきたんで、本来成長していた分を取り戻すんだけどロリ貧乳から巨乳お姉さんに…これは喜んでいいのか悪いのか。

ということで、最終的にレイナの勝利で。まあこれは確かに分かっていた結末ではあるんだけど、前々回のvsトモエ、前回のvsリスティに比べるといまいち盛り上がらなかったような気がするのは、アルドラとレイナの関係性・繋がりがいまいち薄かったせいかな? アルドラが話に関わり始めたのもここ数話ですからね。

そしてEDは後日談? アルドラがメルファの元にいたのが気になる…あの「聖なるポーズ」の伝承者現るか…。無駄に豪勢な音楽と共に終わったと思ったら沼地の魔女の3人が次を目指すとか云々。そういえば沼地の魔女って結局誰だったんだ?

そして思えば4年に一度はクイーンズブレイドがあるんですよね。そしてレイナはそれに勝ち続けて行かなくてはいけない…これは結構ツライ宿命だとは思うんだけど、やはり女王たる者これを乗り越えていかなくてはならないんだろうなあ。でも、これからも主人公補正で勝っていくんだろう…と思うとやはりレイナの力にもうちょっと説得力が欲しかったですね。
スポンサーサイト

クイーンズブレイド -玉座を継ぐ者- #11「血闘!頂上対決」 

今回はレイナvsリスティ、奇しくも一期の一話の相手と戦うことになったのは運命というものか。

さて、前回負けたトモエなんですけどアルドラの元に呼び出されたと思ったら何でもヒノモトを攻めた理由は妹を捜すためというなんとも個人的な理由。まあアルドラにとっては重要なのかもしれないけど…。妹を捜してくれるならヒノモトを統治してもいいという駆け引きなんですけど、なんとも上から目線。トモエはレイナに任せたと言うけど、まだレイナがアルドラと対決すると決まっていないのに全面的に任せちゃっていいんですかね?
そしてアルドラに憑依(?)している謎の存在。カトレア夫妻にやられて肉体を失ったみたいなこと言っていましたが、その魂とアルドラが出会って今があるというけど、結果「永遠の若さと強さを手に入れた」ということはですよ、実際の年齢はいくつなんだろう? というか最終話近くなってアルドラの設定とが色々でてきましたけど、伏線を回収する時間あるのかな?

そしてレイナvsリスティは主人公補正もあってかレイナの勝利に。例のコインを見せて怯んだスキに攻撃…というのは何気に汚い気もするけど、まあでもいつもの何となく勝っちゃったみたいなのじゃなくて、今回はちょっと説得力があったか…なあ? まあ1話の時に比べれば強くなりましたよね。思えば結構遠くまできたものです。
アルドラの方にはメローナが潜入。例の聖乳とやらを浴びせることに成功するモノの量が足りなかったか! その聖乳の持ち主のナナエルは天界に戻っていて、メルファに何やら一仕事させるようですが。

ということで、次回はもう最終回。アルドラvsレイナになるんですがあと1話で収拾がつくのか?という不安が。
そしてEDがアイリverに。なんか随分引っ張ったけど、次回は多分特別EDになるだろうから実質この1話だけの仕様になるのかな、それもなんか勿体ないですね。

クイーンズブレイド -玉座を継ぐ者- #10「本懐!闘う理由」 

前回聖乳を取られてしまったナナエルはヤケ酒ならぬヤケミルク。そんなダメな天使を見てもまだメルファは付いていくんだ…。さて、酒場でウェイトレスしているニクスから「角を生やした怪物が出る」という噂を聞いて行ってみればトモエだったという話。なるほど、シズカの件もあったし鬼になると言うのもわかるなあ。あと個人的になんですけどニクスが出てきてよかった。

ナナエルは何故かレイナに勝たせようとトモエを闇討ちするようアドバイス…おいおいそれが曲がりなりにも天使の言うことかよ。一方、メローナはラナに化けてナナエルの側に行って情報収集。なんかメローナの方が頭がいいな。そう言えばラナの声は釘宮でして、なるほどラナとメローナの声が同じだったのはこういう事を見越してだったのか! さて、ナナエルの情報によると聖乳は天界の住人の力を奪うらしいんですが、それを嫌うと言うことはアルドラ女王は天界と何らかの関わりがあるということか。

ということで、レイナvsトモエ。場所はヒノモトの国ということで圧倒的にトモエ有利なんですが、えてしてこういう場合は逆に負けフラグが立ってしまうというもの。「どんな物を背負っていても、私は受け止める!」と言ってレイナ勝っちゃいましたよ。う~ん、何か釈然としないというかモヤモヤが残るというか。トモエの覚悟は分かるんだけど、それを超えるものを果たしてレイナが持っていたかというと果たしてどうなんだろう?と思ってしまうわけで。今回も何か武器補正と主人公補正で勝ったみたいなものだしなあ。さてそのレイナの武器(のレプリカ)をここぞとばかりに売るユーミル…いやはやユーミルいいキャラしてるなあ。

そして負けたトモエは何故かアルドラ女王の元に。また水晶にされてしまうのか?

クイーンズブレイド -玉座を継ぐ者- #9「衷心!ヴァンス城の決闘」 

今回はリスティvsクローデット、場所はヴァンス城と懐かしい場所が。さてこの2人は昔から因縁のある相手でしたが、今回はリスティが大幅にパワーアップしていることにクローデットもさすがに驚くけど、やはりクローデットの方が強いのか電撃で退ける。でもここでクイーンズブレイドの勝敗が付かないことにちょっと違和感。

クローデットは女王に対し挙兵した父を諫めようとするけど、やはり父はクローデットの事は見ていなかったのか…冷たく「もう来るな」と言い放つんですが、ここにリスティが襲いかかる。やはり一度倒れたのは偽装…というかこの場合は伯爵が最初から目当てだったと言うことか。女王の命令通りに伯爵に襲いかかるリスティ。でもこれって生中継されているんだよね? こんな所見せちゃっていいのかなあ。結局父を守るために自らを犠牲にしてクローデットが負けてしまいました。でもクローデットが身を挺して守った想いは通じたのか、レイナしか見ていなかった父もクローデットを認めるのでした。
そして今回の回想を見るにレイナの母は前回のクイーンズブレイドに参加しているっぽい。ということはアルドラとも対決したということなのかな? レイナの母の話は今までどこまで出たのかは全然記憶にないけど…。

ところで今回は取って付けたかようにニクスが登場。酒場でウェイトレスをしているっぽいけど転んでパンツ見せただけで終わってしまった…。今回のお色気担当ということか。

そしてメローナはナナエルと接触して聖乳をゲット。もしかしたらこれが弱点になるのかもしれない。というかそもそもアルドラは人間ではないのかも?という話もちらほら。こういう場合は天上界の者だったりするのがお約束だったりするんですけど、さてこの場合はどうだろう。そういえば沼地の魔女とは何者か?という話もあんまり出ていないし、もしかしたらどこかで繋がったりするのかも知れない。

トモエは「角のある化物」と噂されるまでの存在に。今回のほほんと寝ていたレイナは大丈夫なのかな…トモエほどの覚悟が果たしてレイナにあるかどうか。

クイーンズブレイド -玉座を継ぐ者- #8「慙悸!戦いの天使」 

アイリvsナナエル。前回戦ったときはナナエル一人に沼地の魔女の手下3人が揃ってボコられた記憶がありますが、さて今回はどんなもんか。さて、早速「聖乳」をぶちまけて弱くなったナナエル、でもアイリも同様に精力不足でお互いに弱った状態での試合なんですが、アイリがもう少しで勝つか?と思ったら精力を取る力も無くなって消滅してしまった…。ウザイ天使よりも、ここ最近プッシュされていたアイリを応援していたところなんだけどなあ。
さて、このぶちまけた「聖乳」によって水晶が壊れて久しぶりにメローナ復活。水晶に閉じこめられたからといって別に死ぬとかそういう事ではないようで、逆に言えば閉じこめられたカトレアなんかも復活は可能と言うことか。そして同時に「聖乳」は女王の弱点でもありそう。

アイリが消えてしまったことはラナの耳にも入って自分のせいで…と落ち込む所に、レイナの剣をどうしたものかと悩むユーミルが。同情はするけど自分のことは自分で決めよと言うユーミルはなかなか厳しいんだけど、さすが最年長(?)なだけはあって説得力がある。ラナは自らの意志でユーミルの手伝いをすることに。カトレアとアイリの想いを受け継いだラナとユーミルの技術が組み合わさってレイナの剣が出来ていく…なかなかドラマチックな話じゃないですか。というかラナは最初はカトレアの息子程度の認識しかなかったんですが、まさかこの作品のキー的な存在になるまでに成長するとは思いませんでした。ある意味最も成長したキャラなのかもしれんなあ。

そしてレイナvsナナエル。弱体化しているとはいえ天使と思って自惚れていたのと、思った以上にレイナが成長していたせいもあって、終始レイナのペースで試合は進みあっさりとナナエル降参。それでも「勝たせてあげた」とは…というかそもそもナナエルってなんでクイーンズブレイドに参加しているんだっけ? こんなあっさり負けて天使の仲間達はどう思うんだろう。さて、そんなナナエルの元にメローナがやってきた。「聖乳」目当てだろうけど、ここで手を組んだりするんだろうか。

そしてクローデットはリスティと…つくづく因縁のある組み合わせ。そしてここに来て伯爵家の蜂起が絡んできたり政治的な動きも気になる所です。これは何かクローデットに負けフラグが立っているような気がするなあ。そしてレイナはトモエと…こちらも気になるんだけど、この組み合わせは最終決戦まで取っておくのかと思いきや、もうここで出てくるのか。

そしてEDがメローナからメナスバージョンになりました。ということはアイリバージョンもあるということで期待していいんだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。