fc2ブログ

ましろ色シンフォニー #7「たそがれ色のブランコ」 

愛理が入ったことでぬこ部が部活動として正式に認められたことになるんだろうけど…。

新吾が至る所に(無自覚のまま)フラグを立てまくるから、なにやらややこしそうになってきた。あの男嫌いな紗凪ですよ、新吾とは部活で一緒にいることも多いためかなにやら「つきあっているっぽい」という噂が流れ始めたんだけど、その元はたどってみればみう先輩だったり? いやでも紗凪はまんざらでも無さそうだったが…。新吾が好きなのはみう先輩ではないのかというのは紗凪の弁、新吾も否定はしないけど先輩と自分とでは釣り合わない、とは考えている様子。そんな紗凪と新吾のやりとりを遠くから見ている愛理は何を思うか…。そして対するみう先輩は新吾のことを気にしている様子ではあるけど、どうにも本心がよくわからない。

ということで、いままで何となく曖昧なまま進んできた関係なんだけど、紗凪が参戦?したのもあって一気に進展しそうな雰囲気になってきました。しかし一気に関係がこじれるという可能性も出てきた。たしかに空気は重いのかもしれないけど、スクールデイズみたいにドロドロになる未来が予想できないのは絵柄のおかげかなあ。

ましろ色シンフォニー #6「てさぐり色のバスタイム」 

メイドが家に住み込んで…という話だったんだけど、風呂場で背中を流す云々というのはやはりちょっとアレですよね、しかも桜乃まで一緒に入ってくるし。しかもポロリありということなんだけど、原作ゲームだとここでイベントCGがゲットできたりしちゃうんでしょうか。しかしメイドにも一応学校に居候させてもらう条件があったらしくて、結局学校に戻ることに。単なる「野良メイド」というわけでは無かったという事なのかな。

そしてぬこ部存続の危機。部に昇格するにはやはり人数が必要という、まあこれもありがちといえばありがちな話。もっとも先輩も積極的にどうこうするキャラではないので、ここは新吾が率先して行動するのですが、これは先輩ルートに入りましたよということかな。
桜乃とメイドは入ってくれるっぽいのですが、愛理が…? 新吾は気を利かせたつもりだったんだろうけど、愛理も仲間にいれて欲しかったのですね(愛理が他の女子とべったりするのがイヤだったという見方もできそうだけど)。
急に雨が降ってきたので家に寄っていく?という話から、一気に一緒にお風呂に入るところまでいっちゃいましたよ! これはこれは、愛理も積極的に攻めてきてますね。女の子の方から攻めてくると言うのは逆に新鮮な気分です。

そして愛理もぬこ部に入ってとりあえずはこれで「部」に昇格できるのかな? とりあえず一つの案件は終わらせたというところではあるけど…。

ましろ色シンフォニー #5「あなた色のメイドです」 

愛理の事は一段落ついたので、ここで各キャラクターのフラグ立てを(笑)。というかさすがゲームの主人公だけあってフラグを立てまくり。でもあんまりイヤミは無くて好感は持てます。

ということで、ここで野良メイドことアンジェ回。学校の宿直室を間借りしているんですが、最近は仕事が無くてお悩みのご様子…。そこで自分で仕事を作ってしまえばイイと言うことなんですが、いやいや捏造はまずいっしょ。そして最終的には新吾にお仕えしようと思って「旦那様になってください」と言う始末、これはすごくプロポーズっぽいですね。この場合の「旦那様」とはどう捉えるべきか…?

そして愛理は「変化が嫌い」というから学園統合に反対しているっぽい。女子校だからとか伝統が云々とかそういうことは別に無くて、理由がすごく個人的なこと、でもこれは逆に好感が持てますよね。愛理も完璧超人では無い普通の女の子という事だし、こういう弱点(?)があるほうがキャラが生き生きとしてきます。しかしこのデレ具合ですよ、以前のツンからのこの変化はなかなか破壊力がある。新吾と会える月曜日を楽しみに待つ様子はもう女の子モードで、ベッドで悶えるさまはたまりませんね。お互いに呼び捨てで呼び合ったりするので、それは桜乃や先輩も早速気付いたみたい。もっとも、だからといってからかうでも無く意外に淡泊な反応。しかしこれからみんなはこのことを意識せざるをえないだろうね。もしかして修羅場的な展開もありうるのだろうか。

そしてぬこ部は野生生物を餌付けしているという話が持ち上がって廃部の危機? いやそもそも正式な部活ではないのだから「部」というのはおかしいのかもしれないけど。これからはぬこ部のためになにかする、というストーリーになっていくのかな。

ましろ色シンフォニー #4「アイリ色のひみつ」 

前回、割引された食材を買っているところがみんなに見られてしまった。
学校ではお嬢様ということでみんなからは尊敬の念も抱かれているという自覚もあって気丈に振る舞ってはいるのですが、実際には一人暮らしで生活が苦しいというそんな話。妙に現実感ある質素なアパートで住んでいるんだけど、理事長の娘とあればいい生活ができそうなもの。そこを敢えて一人暮らししているのは何か理由がありそうですね。

そして勉強も愛理の部屋で教えてくれることに。えっ男が女の子の部屋に!?と思ったけど、桜乃やみんなも一緒なんですね。ほっとしたような、なんとも複雑な気持ちではあるな。みんなで誕生日を祝ったりして、だんだんと愛理との距離も近くなってきたかな??
そして紗凪ですよ。みう先輩に近づく新吾に対して本当は男嫌いという本性を。今までネコをかぶっていたということで、これは意外な一面を見たな。本性を見せたりするあたり、こちらもだいぶ打ち解けてきた(?)と言えるのかもしれない。
みう先輩はなんかメイド喫茶?でバイトをしているっぽい。ぬこ部は非公式で活動費がいるらしいけど、そこまで情熱を傾けるのも何かありそうですね。

そして愛理と新吾はお互いに呼び捨てで呼ぶような仲に? 愛理の方から言ってくるとは変われば変わるモノですよね。いったんデレてしまえばあとは早い早い。王道的な展開ではあるけど、なんか2828してしまってこれがなかなか心地良い。まあこれで愛理の話は一段落ついたかな? 後は各キャラの話がそれぞれ1話ずつあって最後の締めに入る事になりそうだけど、まず次回はメイドの話っぽいです。

ましろ色シンフォニー #3「イライラ色のドキドキ」 

クラス委員になった二人なんですけど、これで距離が縮まるのかと思ったんだけど、なかなかこれが難しいところ。向き合ってパソコンを打つというクラス委員の仕事もちょっと謎ではあるけど…。というかクラスの委員くらいでこんなに書類を扱うなんてことは平常時にあるのかな??

みんなでお弁当を食べよう、という話になっても愛理は一人で居るのみでなかなか馴れ合いという事はないみたい。しかしこれだと女子校でも愛理はぼっちだったんじゃないか、と思えてきてしまうのですが。そういえば帰宅イベントも不発だったしなあ。というか並んで立つと妹の桜乃が(身長的に)結構でかいですよね。

みう先輩は「ぬこ部」というのを設立しているらしいのですが、ただ単にネコを眺める的な部ではなくて傷ついた動物などを保護するといった活動名目があるらしい。

愛理は個人的な理由で早く帰らなくてはならないということで、愛理は新吾に勉強を教えるという交換条件で仕事を任せて帰らせてもらうことに。これで借りが一つできたといったところか。ここで新吾たちが帰りに寄ったスーパーで、愛理が値引き弁当を買う姿を目撃…。うわああ、これは恥ずかしいプライベートを見られた! まあ制服姿でそのまま出歩いている愛理も愛理なんですけど。なるほど、個人的な理由はこいういうことだったか。

しかし確か学園長の娘でしたよね、それがなぜ値引き弁当をわざわざ狙うのかな。これは何か理由がありそうだが…。しかし借りが出来た上に弱み(?)まで見せてしまった愛理の明日はどっちだ。