スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おねがいマイメロディ #30「子供にもどったらイイナ!」 

先週は性転換だったんですが、今回は幼児プレイ!
毎週毎週よくもまあこんなにネタがあるものです。

しかし、今回はちょっと詰め込みすぎの感が。
琴の話をやりたかったのか、先生の話をやりたかったのかよく分かりませんでした。
2つ同時に進行しようとして両方とも中途半端になってしまったような気がします。
特に琴の話。琴が年長になることにより、子供を世話することが大変だと気づいたはずなんですが、その後のフォローがちょっと少なかったように思います。
でも、それをやりすぎると説教くさくなるし、やっぱ今回くらいがちょうどいいのかな?


…と、色々と言ってしまいましたが、それでもかなり面白かったのは事実。

とりあえず印象に残っているのが柊先輩が魔法をはじき返したことでしょうか。
イヤなことを思い出すのにバクとのキスシーンを使うとは思いませんでした。
確かにアレはイヤすぎる。
ただ、「魔法には個人差がある」ということが今回判明。
木暮が魔法にかからなかったのはそのせい?
今後のストーリーにもちょっと影響あるかもしれません。

しかし、何故先生までマイメロのことを知っているのでしょうか?
あれって、歌のクラスだけだったような気がしたんですけど…。
もはや何食わぬ顔で学校を闊歩しているまでになっているとは。
着々と生活圏を広げているマイメロ…なんと恐ろしい!

そしてバクの回想。
12人の弟のために夜なべする、泣かせるじゃないですか。
あれ?
12人の弟!?
どこかで聞いたような話だぞ、オイ!
…まあ、それはさておき、この回想からわかることはマイメロたちの世界にも貧富の差があるということか。
人間界のTVを見て堕落する王族がいる一方、バクの家庭のような夜なべまでするような貧乏もいる。
う~ん、妙に生々しい。
とてもファンシーな世界観とは思えなくなってきました。

あと、ママ若すぎ!
あれなら自分が奥さんに欲しいです。
子持ちでも全然OK!


ところで放送が延長になって2年目に突入とかという噂を聞いたんですが本当でしょうか?
本当ならとても嬉しいことです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。