スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナ2話「灯る炎」&3話「トーチとフレイムヘイズ」 

先週撮って見ていなかった2話と今週分の3話を一気に見ました。
実は1話を撮り逃して見ていない(しかも原作も読んでない)ので話についていけるかな?と思ったのですが、なんとかついていけそう。
1話を見ていなくても、何となく何があったのかが分かるような作りになっていたのはありがたかったです。

専門の用語が多く、キャラに説明の台詞が多いのがまあ「ライトノベル」らしいといえばらしいですが、話のテンポが良くそれもあまり気にならないで見ることができました(作画も良かったし)。

このアニメの見所は、
・メロンパンを嬉しそうに食べるシャナ
・シャナのツンツン具合
・時折見せるその赤面
・いわゆる「絶対領域」
・釘宮ボイス
これに萌えるアニメとさしあたって認識しましたが良かったでしょうか?
なるほど、これが最近流行のツンデレというものか…。
何となくツンデレの良さが分かったような気がします。

しかし、話そのものは重い。
平井さんに関してはちょっと救いのない話でした。
原作もこんな感じで重く話が進んでいるのかな?

そして新キャラ。
眼鏡のおねーさんよりも岩田光央の声が気になってしまった…。
やはりああいう役なのね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。