fc2ブログ

乙女はお姉さまに恋してる #6「夏の日の狂想曲」 

遂に来た水泳授業なんですが、やはり瑞穂は男…ということで、当然のように水着は着ることができない。最初は「女の子の日」とかで通していたけど(それを言うのにショックを受けてる瑞穂には笑った。確かに男でそれを言うのは恥ずかしい)、それも続くと「ボイコット」と思われるようになり、貴子に問い詰められてどうするかと思ったらまりや曰く「水嫌い」とはなかなかの機転。でも、あの創作だとまりやがトラウマを作ったようなものなのですけど。
というか、一応部屋で水着の試着はしているのですが、あの胸パッドはどういう仕組みになっているんだ? 普通の女の子の「胸」に見えたぞ? 股間部もどうするのかと思ったらあれで「隠した」には見えないなぁ。あれなら普通にスク水着られるんじゃないか? というか、普通に胴のくびれがあって驚いた。どういう男だよ?
20061114_01.jpg

そして最終的に何故かまりやと貴子の水泳合戦になって、それも勝敗はうやむやの内に終了。さて、水着さえ乗り切られれば瑞穂に怖いモノなんか無いんじゃないでしょうか。
最後に貴子に対し「水への恐怖を克服しようとしています」なんて手紙を出したりして律儀な瑞穂なんですが、順当にフラグ立て? となるとやはり最終的には誰EDになるか気になるところですね。
スポンサーサイト