FC2ブログ

今視聴しているアニメと簡単な雑記 

さて、春になると番組が一新するわけですが、その前に今私の見ているアニメを整理してみようと思います(ちなみにエリアは愛知です)。

日:マイメロ
月:妖逆門、まなびストレート、ひまわり、聖十月、MoE
火:ゴーストハント、ガンソード、ヤマナデ、地球SOS
水:ネギま、武装錬金、ケンイチ、SHUFFLE、コルダ、すもも
木:ひだまり、kanon、のだめ
金:きらレボ、ときメモ
土:デルトラ、赤ずきん、ふたご姫

こんなところかな? 一時期に比べると視聴アニメも相当減りましたがこれは私の体力的問題によるものですけど、それでも週20本以上見ているわけか。来期はもうちょっと減らそうかなぁ。
しかしコードギアスは評判良いようで見ておけば良かったかと後悔。「ロボットモノは一つでいいや」と思ってガンソード見るかコードギアス見るか迷ったのですけど、結局ガンソード取っちゃいました。というか時間違うから見ようと思えば見られたんですけど、やはり面倒なのでどっちかにしようかと。ちなみにSFモノは大好きなので地球SOSは毎回楽しく視聴させて頂いてます。
しかし、ロボットものは一つでいいとか言いながら「音楽モノ」はコルダとのだめと二つ見ていたりするんですけど、現役で楽器を吹いている立場から言えばなんかコルダの方が感情移入できるかな。ちなみにトランペット吹くときはあんなに格好良くないですよ? もっと唇を動かして息つぎも相当しますから…と横で見ているボーン吹きが言ってみる。
穴場的に面白いのがゴーストハントとヤマナデ。両方ともノーチェックだっただけにこれは嬉しい誤算でした。ゴーストハントなんてDVD買っても良いかもと思っていたりするくらいですけど、何処にもDVD売っていないのは何故? で、武装錬金はひたすら面白い。ベタと言えばベタなんですがそこが良い。もうじき最終回なんですが、気になる一品です。そういえばアニメ版は原作とはちょっと違うような噂を聞きましたがどうなんでしょうか。原作は未見なんで何とも言えません。
テレ東の夕方枠で見ているのは妖逆門とネギまのみ。妖逆門なんか速攻で切りそうなんですけど、何故かダラダラと見続けてしまいました。この作品、商業的にはどうだったんでしょうね。
テレビ愛知発のデルトラもなかなか。ファンタジーでありがちな魔法や武力に頼った展開ではなく、敵味方の頭脳戦が続くというのが地味なんですけど面白い。ジョジョでいえば2部のような展開と思ってもらえればいいかな? ひだまりスケッチは「ぱにぽに」を彷彿とさせる演出が秀逸。ネギまより面白いかも?
ふたご姫は今期で終了で、これは残念なんですけどプリキュアみたいに無理して延命しないだけましか…というかミルロ姫の出番が2期にはほとんど無かったんですけどこれはどういう事ですか?これは納得いかない。ちなみに次はケロロ4期だそうで、結局元の場所に左遷(?)させられてしまいました。これで土曜日10時は視聴時間空くかな? しかしケロロもなぁ1年目は面白かったんですけど、OP/EDがつまんないタイアップになってしまって、さらに内容もどんどんと劣化していってしまって最終的には切っちゃったんですけど土曜日に戻ることによってまた面白さが復活するかな? というか、パロディが多い上にさらにそれがつまんないんですけど、4期もやるということは子供にはそこそこの人気があるということかな?
プリキュアと言えばまさか5人になるとは思いませんでしたが、評判はどうなんでしょう。見ていないんで何とも言えないんですけど…。

さて春の新番組なんですが、未だノーチェック。というか見てから視聴するかどうか決めるタチなんで、今のところは何とも。大方ハヤテが来春期待一番だと思うんですけど、パロが多いのがなぁ…どこまでやれるんでしょうか。ちなみに個人的にはかみちゃまかりんに期待したい。一時期の「満月→ミュウミュウ→ミルモ」のような少女漫画メドレーみたいで、「かみちゃまかりん→きらレボ2期」のコンボはもう楽しみでしょうがない。両方とも作画崩壊すれば尚良し!(というか、どこに期待しているんだ私は)
スポンサーサイト



がくえんゆーとぴあ まなびストレート! #10「集う仲間たち」 

学園祭の署名もまだ3割程度というところで、聖桜学園の時計台が修理されることになったんですけど、ここで「大きな古時計」の音楽と共に「時計の妖精」とかやらが呼びかけるのですが、おおっとこれは感動展開か?と思ったら何か途中からだんだんと「学園祭の署名にご協力を」という内容にすり替わっていって、めぇの言うとおりまさに「マッチポンプ」とはこのことかと笑ってしまいましたが、みかんあたり「妖精」を信じてるのがいたりと侮れないもの。
時計台を修理しようとした「祟り」だか何だかでいきなり爆発しちゃったんですけど、いやぁ怖いのなんの、今まで爆発しそうな時計台の下に生徒会室があったんですよ?
ということで、学園からちょっと離れたところにある30年ほど使っていない旧女子寮を生徒会で使えるようになったんですけど、こんな所いきなり使えと言われてもそりゃ電気も通ってないし怖いわけですけど、先ほども書きましたが「今まで爆発しそうな時計台の下に生徒会室があった」事の方がよほど怖いとは思いませんか?いやホントに。

署名運動もあまりできないうちに生徒会室を移動させられることになったため、旧女子寮改修作業を早く終わらせたい面々ですけど、これがなかなかはかどらない…というか頭にロウソクを乗っけて桃は一体何をしにきているんだ!? まあ正式な「生徒会メンバー」でないから自由と言えば自由ですけど、明らかに邪魔しているようにしか見えない。と、そこに旧生徒会室の改装を手伝った演劇部の部長以下部員やら色々と生徒が集まってきて何か都合良くストーリーが進んでいきましたが、いまいち他の生徒達が手伝う動機が不明瞭というかわからないんですけど「まあなんとなく」程度の人も結構いたとは思いますが、「私だけじゃなかった」というみかんの言葉には何かくるものがありました。それはそうと演劇部の部長の「人望」と書かれたTシャツが妙に印象に残ったんですけどアレって売ってないかなぁ。

ということで、一連の改修作業を通じてか署名も一気に7割を突破、無事に学園祭の復活となりましたが、3割から一気に7割というのはちょっと無理があるんじゃないか?とは思いましたが、まあこの方がスカッとして気分良くていいかな。でも逆に言えばあと2割弱の生徒は反対もしくはどうでもいいとも取れるわけですが、2割弱とはいえ結構あなどれない数字であり、さてこの生徒達も果たして取り込むことができるのでしょうか? また、文化祭が開かれると言っても未だ抽象的なスローガンのみで具体的に何をするかは分からないし、まだまだ今後の展開は未知数といった所でしょうか。まなびの生徒会長としての手腕を期待したいところです。