FC2ブログ

ネギま!? #24「ネギ先生、どうやらクライマックスです」「みんなで一緒に帰ろうね、ネギくん!」 

さて、前回スタークリスタルに取り込まれたネギ先生なんですけど、取り込まれたそこはOPそのものの机が高く積まれた不気味な、退廃的・厭世的な雰囲気の漂う空間でした。そこにはまさにOPのように記号的に扱われた生徒達の幻影が。ここでOPの不気味カットを使ってくるとは意外な展開。
という事で、スタークリスタル(アーニャ)とネギ先生の最後の対決でさらに不気味な展開になるかと思ったら、そうでもなくクラスのみんなが助っ人に来て助けるという展開なんですけど、なんかこのどっかで見たようなデジャブ感はあれか、結局は前作とあんまり変わらないということか(今回は作画も危うかったし)。
しかし明日菜のエヴァいじりは見ていて楽しい。「私だってA組だ。クラスメイトが傷付く姿は見たくない」と幻影のエヴァが言ったと思えば明日菜(本物)は「エヴァは死んでもあんなこと言わない」「爽やかな笑顔はありえない」とかひどい言いようですが、なまじ合っているだけに私としても反論できない(笑)。さすがにこれは効いたらしく地面に落書きをしていじけているエヴァのなんと可愛いことか。もう1~3話あたりまでのクールなヴァンパイアという面影はそこには無い…。

で、まあ最後の最後に「あの人」が出てきてネギ先生やアーニャを救い出すという強引な展開になったんですが、それだったらもっと最初から顔出せよと思ったんですけど、なるほどシチミとモツはこの為のキャラだったのかと初めて実感したんですが「通信」が遅いんだよコイツラは! というか最初から「あの人」が出ていればこの空間の話も1話で終わるどころか「あの人」がさっさと片付けてお終いにしてしまいそうなんですけど、ぎりぎりまで出てこなかったのは何か意味があることなんでしょうか。
ということで、何か無駄に長かったような気がした「魔法空間」での生活もこれでお終いです。でも何というかこれがクライマックスだとしてもちょっと盛り上がりに欠けるというかもうちょっとカタルシスが欲しかった所です。ところで、話は突然変わるんですけど5年以上前の「ウェブダイバー」って覚えてますかね、あれも一種の閉鎖空間での共同生活があったんですけど「バーチャル・ダイバーランド」からの脱出の際にはその「閉鎖空間」での楽しかった思い出、辛かった思い出、そこでの生活全てをひっくるめた回想シーンなんかがあったりして妙に印象に残った記憶があるんですが、あの脱出シーンが未だに忘れられないというのはそこに何らかの感情を抱いていたと言える訳です(何と言っても5年以上覚えている訳だし)。さてこの「ネギま」における「魔法世界からの脱出」は5年後も果たして覚えている程のものでしょうか(というか作品そのものを忘れてそうな気がするけど)、あっさりとしすぎていてもうちょっとこの「脱出シーン」は何とかならなかったものかと思います。

さて、いつの間にか居なくなっていたネカネさんも気になりますが、スタークリスタルに手を出したアーニャも何らかの罰を受けねばならないだろうし、まだまだ事後処理は残りそうです。現実世界に戻ることのできたネギ先生はどうするのでしょうか…確かあと2話ほど残っていると思いますけど、この際どんちゃん騒ぎでもやって締めてくれれば面白いんですけど。

気になると言えば「ネギま」実写化の噂は本当なんですかね? 眉唾モノとしか思えないんですけど、もし本当だったら、そして夜9~10時頃のドラマとして放映するならある意味伝説になりそうです。
スポンサーサイト