FC2ブログ

CLANNAD #4「仲間をさがそう」 

さて、渚が生徒会からどのような指示を受けたのかは具体的には不明ですが、演劇部の部員勧誘は禁止されてしまいました。しかしkanonと同じようにこの生徒会も障害となって立ちはだかってきましたね。直接的なやりとりがない分ましかもしれませんが…。

ということで、さて…どうしたものかですよ。ここで出てくるのが陽平、「告白したい人がいるから」と椋を連れだし、渚のセリフをそのまま素で勘違いする椋。えっ、何この百合展開。百合スキーにはたまりませんな。
まあ、それはともかく朋也と渚は部員募集が禁止されたのなら直接部員を集めて復活しよう…という話に。でも、智代は忙しいとかいうし(生徒会選挙がどうとか言ってましたが)、風子は彫刻に忙しいとかで断られてしまいます。でも朋也は決して演劇部に入る気はないんですね…コイツめ…。
さて、この風子ですよ。星の彫刻を渡した代わりに結婚する姉を祝って欲しい…ということですが。いや、別に欲しくもないものを強引に渡されても正直困るんですが、さらに祝ってくれと言われるとさらに困る。そしてさらにおかしな事に「家に帰らない」という。渚は風子の姉を(ダブっているせいか)知っていて、その姉の妹(つまり風子)は交通事故に遭って入院中だとか?。kanonでいうところのあゆみたいな生霊のようなものか? 何か急にファンタジーな内容になってきました。これからはしばらく風子に注目していきたいですね。
スポンサーサイト



D.C.II #8「白日の時」 

さて、修学旅行が近づいているとかやらで買い出しですよ。そこに何故か学年が下の由夢や美夏までやってきて、一緒に買い物。生理用品売り場で「ところでそれは何に使う物なのだ?」ですけど、そうか、やはり美夏には必要ないか。
当初の人間嫌いから、義之たちだけでなくクラスの人と仲良くなる…ということまで考えるようになったわけで、結構成長してきました。ロボットなのに成長というのもおかしい(?)ですけど。思考回路がより柔軟になったというんでしょうかねぇ?

さて、美夏と由夢は別行動で買い物をすることになったんですけど、そこにビルの上から看板が落下してきました。なんかこの落下が上手くできすぎていて、まるで2人を狙いすましたかのように落ちてきまして、かなり不自然に感じてしまいました。あんなボルトの外れ方があるんかいな? まさに「魔法」でも使ったかのように見事に外れました。
ということで、由夢は美夏に助けられて無事でしたが美夏は看板の下敷きになりましたが、流石はロボット、大丈夫か…と思ったら大丈夫ではなくて病院に運ばれてしまいました。しかし、看板の下敷きになって外見上はなんともない(出血もない)なんて明らかに変ですよね。そんなわけで、義之にはみんなに対して美夏の事を説明する必要に迫られてしまいました。
義之が色々と話すかと思ったら早くも復帰した美夏自身がみんなに説明することに。まあ、最終的にはロボットだろうがなんだろうが美夏は美夏という結論に達したわけですけど、ここで明らかに浮いていたのが今回あまり出番の無かった小恋。一人だけ浮かない表情をしてました。
で、元通りになったはずの日常、いつも通り昼食には義之たちの元にやってくる美夏ですけど、そんな彼女に不審な目を向けているのが委員長ですよ。小恋と委員長、この二人が今後の波乱要因になりそうでしょうか?

ところで修学旅行の行程を決めるというのはどこいっちゃったんでしょうか。完全に忘れ去られていますけど…。