スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料 #6「狼と無言の別れ」 

結局、地下道で追いつめられてしまったホロとロレンス。相手方は犬も放ってきたようですが、所詮狼の的ではないですよね。でも相手はやはり大人数。しかもロレンスは途中で刺されてしまって気を失うほど。てっきり背中に刺された?ように見えたんですが腕に刺されたのが不幸中の幸いと言ったところか。
いよいよ追いつめられたロレンス達なんですが、相手側にはあのクロエがいたんですけど、やはり関税がどうとか金が絡んでいたようで。1話の時点でクロエが囲まれてなにやら物騒な雰囲気かと思いきや、あれは取引の場面だったんですね。しかしてっきりロレンスにぞっこんかと思いきや自分の利益にならないと判るとあっさりと「殺しても構わない」というあたりに恐ろしさを見た。えっ、何? クロエにとってロレンスはその程度の存在だったの? 1話を見た感じだとぞっこんな印象を受けたんですけど、今回のこの言動、ここまで冷徹になれるものなのでしょうか?
ここでホロが元の狼の姿に戻ってロレンスを助けることに。もちろん相手が何人いようとホロの相手では無いのですが、それは逆にロレンスを怯えさせてしまいました。1回ホロの姿を見ていて今まで旅してきてもやはり狼の姿は慣れぬものか(まあ1回だけではねぇ)。それ故、ホロは落胆したのかショックだったのだろうがロレンスの元から去ろうとするのですが。ロレンスがホロに何か言うと思ったら「服の代金を取り立てに北まで行く」なんて回りくどい引き留め方(笑)。

さて、気付くとロレンスはミローネ商会の中でして、聞くにはホロが守ってくれたらしい(全裸で)のですが、マールハイトが来て無事を確認すると去っていったらしい。で、銀貨の取引の方もまあそこそこ上手くいったようですが、何よりミローネ商会からの「信頼」を取り付けたのは大きい。
ロレンスは儲けは「香辛料」での支払いを要求、なるほど、これがタイトルの「狼と香辛料」…ということか。最終的にはホロがロレンス宛に請求書を送りつけて迎えに来させるという、なんともこちらも回りくどい引き留め方を(笑)。やはりこの2人は似たもの同士ですな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1012-e07d9949

狼と香辛料 第6話「狼と無言の別れ」

「少し痛むかも知れんが、我慢してくりゃれ」 ロレンスのナニにパクッと食いつく賢狼さま(おぃ) いや、ナニってナニじゃん(笑) どっちにせよ同人誌で使われそうなシーンであるなぁ、と思った(笑) ロレンスの驚きの声とかが良い味を出しているのでね。 まあ...
  • [2008/02/18 10:05]
  • URL |
  • シバッチの世間話 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。