FC2ブログ

CLANNAD #16「3 on 3」 

さて、バスケの試合なんですが、意外にもあっさりと決着が。というか今回のメインは確かにそこにあるのかもしれませんが、そこに至るまでの経過が今回は結構重要?だったと思う。

まず春原の妹、芽衣が兄の部屋にやってきてあっというまに片付けが…。春原ともなればエロ本の数冊も持っていそうな感じではあるのですが、それはどうだったんだろうか、それも片しちゃった? これはある意味怖い。
学校では最近、朋也に智代が寄ってきたりと杏曰く「また、別な女が出てきた」という状況。杏としては椋を応援したいのか、それとも自分が朋也の側にいたいのか…どう捉えたらいいのだろう。しかし智代は智代で春原に「岡崎に気があるんじゃ?」との問いに「そんな気はないが、もしかしてこれはそういう気持ちなのかもしれない」と受けたのですが智代自身自分の気持ちに気付いていないようですが、そのあまりにも素直すぎる返答は実に素晴らしい。そしてその後朋也と椋と杏で食事タイムなんですが、ここで改めて朋也と渚は付き合っていないことを確認した両名。ここからどうでるのか?

ということで、バスケの試合なんですが、相手側は1年で来ましたが意外にも演劇部の面々が頑張ってリードしていたのですが、最終目前でレギュラー陣に入れ替わられて苦戦するも、最終的に渚に応援された朋也のシュートでなんとか勝利したのでした。個人的にはバスケの試合よりも杏のブルマに目が行って仕方なかったことは秘密だ。さて、この試合で朋也は「オレにだって辿りつきたい場所ができた」と言っていますが、その「たどりつきたい場所」というのはこの場面的に捉えると渚の事だろうか? すなわち朋也が渚に対する自身の気持ちをはっきりとさせたということになるでしょうか。と考えるとこの場面はかなり重要な意味を持ちますね。

さて、試合は終わってあっさりと芽衣は帰って行ってしまいました。ちょ、出番これで終わり? というか何のために出てきたんだ…。あと、合唱部の顧問の話はまだ決着が着いてません。幸村先生は果たしてどちら側につくんでしょうか? というか顧問掛け持ち…というのはダメなんですかね?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1015-a5d58a35

CLANNAD 第16回「3 on 3」

 原作には無かった数々のキャラ同士のやり取り、モチーフごとの異なる組み合わせ、別なシーンBGM、短縮されたセリフ回し…。  …なのに。 ...
  • [2008/02/19 23:37]
  • URL |
  • Old Dancer\'s BLOG |
  • TOP ▲