スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD #19「新しい生活」 

前回、智代が生徒会長になったことで、幸村先生が合唱部と演劇部の顧問の掛け持ちOKということになって正式に演劇部が復活いたしました。しかし…前回の事もあるしなぁ…これは居心地があまりよく無さそうというか…杏と椋にとっては想い人が目の前にいるのに叶わないなんてこりゃ酷ですよ。

さて、進路について親と面談したいという先生でしたが、肝心の朋也は途中で逃亡…先生と父親が話していましたがあまりにも息子に対して他人行儀すぎる。そんな朋也に対し渚はしばらく距離を置くことを提案、自分の家に来てはどうかと誘うのですが。
朋也が家を出て行く際、父親が「朋也君はいい話し相手だったから寂しくなる」と意外な言葉を。会話らしい会話なんて今まであっただろうか? そういえば朋也と父親が喧嘩して朋也の肩を痛めることになった過去がありましたけど、今の状況からはそんなこと全く想像できませんね。

ということで、渚の家にやっかいになる朋也ですが、どこか違和感を感じるというか、居心地が悪いというか、そんな気分を抱いているようで。というか渚と一つ屋根の下なんてなんて羨ましい。春原の言うとおりこれはもう「親公認」も当然ですよね。しかし朋也は心の何処かでブレーキをかけていて今一歩踏み込めない様子。
渚は渚でなにやら過去にあったらしく、両親に何か謝らないといけないと思ってはいるけど、何を謝るかは分からないらしい。また、ママは元教師だったらしいのですが、何故辞めて私塾をやっているのか? 古河家には何かありそうな(と言っても悪い意味ではないですが)印象です。これを乗り越えたとき、渚も一歩踏み込んでいけそう。

しかしあと数話となったんですけど、これで本当に終わるんですかね? もう1~2クールほど欲しい気がするんですけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1039-82de62f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。