スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音ミクオリジナル曲作ってみた Part5 

初音ミク第5作目になります。自殺がテーマの行進曲。

ようつべ


ニコニコ


★曲について
金管による序奏の後、重々しく行進曲が進み、2/2のトリオで倍の速度になり、再び行進曲に戻りフィナーレとなります。編成は吹奏楽に準じ、FLx2 CLx2 SAXx2 TPx3 HRx3 TBx3 TUBAx1 Parはスネアとシンバルのみ、といった編成になっています。(実際に演奏するなら木管は2~3倍必要)
G-G#-Gの半音進行がこの曲を支配していて、いたるところで登場します。最初と最後のGマイナーのハーモニーをトロンボーンにさせたのは、私がTb奏者だから…というのもありますが、ここでは「神の象徴」としてのトロンボーンを意識してもらえればと思います。
また、重々しい行進曲部は「鬱」「死後」、早く暴力的なトリオ部では「躁」「生前」を表したつもりです。上手く表現出来ているか心配。

★絵について
生きることに疲れたミクは死後、光を見いだしやっと安息を得ることができました…という設定。死んだ後なので輪っかついてます。また、死後ということで目のハイライトはありません。左上の明るい部分は天国だと思ってください。

★歌詞について
3作目の「春の小川」の4~5番と若干関連があり、川で身を投げた事にしましたが、何故自殺にまで至ったのかは歌詞では明記していません。そこは想像におまかせします。

以上、感想など頂けたら幸いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1075-f622dacb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。