スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ! #8「だれのため」 

前回からの続きで、さあスポーツ勝負だ!ということで、なんでもクジ引きで亜美の水泳50m自由形になったそうで、これは圧倒的に泳げない大河が不利。というか敢えて亜美は「水泳」を入れたな?(ちなみに大河はバーリトゥード入れた)。しかし予想していなかった所でまたの水着回。嬉しい事じゃないの。

そして勝つのは大河か、亜美か?ということで、賭けが始まるんですけど、一口500チロルってどういう単位なんだろう? まあ当然ながら亜美に賭ける方が多いんですけど、一人竜児だけ大河に3000チロル賭けましたが、そういえば相変わらず早いクラス内ネットーワーク、携帯万能のこの時代になんか懐かしいですね。大河が勝てば例のビデオ鑑賞会、亜美が勝てば竜児を別荘に御案内…という、なにげにフラグの立ちそうな条件。ちなみに当の主催者であるところのみのりんは(瞼の上に目を描いて)寝ていました。何かこれも懐かしいなぁ。

ということで、大河の練習が始まるんですが、大河が頑張るのは一体「だれのため」? 亜美を負かせる…というのはあるにしても、竜児を亜美の別荘に行かせたくない…という自分の気持ちには気付いていなかったようです。その気持ちはこの場合「恋」? う~ん、なんかちょっと違うかなぁ、何と説明してイイ物やら。その微妙な感じがこの作品を面白くしているとは思うのですが、何とももどかしい。
ちなみに大河はキック力がすさまじいため、浮き輪使用でも結構な速度が出ることが判明。そしてみのりは大河をよろしく頼む…ということなんですけど、これは逆に言えば脈無し…ということですよね? ああ、近づけば近づくほど距離が遠くなっているような…。

さて水泳勝負は、亜美はビキニで来ましたが、大河は浮き輪を全身に巻いての大装備。何に使うかと思いきや亜美の気をそらしている内に投げつけ、落ちたところをビキニの上を取って投げる…というトンデモ作戦で、いや確かに「自由」形ではあるんですが、この発想は新しいんですけどこれはいいんでしょうか? でも結局慣れないせいか大河は途中で足がつり、助けに入った竜児も溺れてしまって、勝負を捨てて竜児を助けにいったのですが、その後「竜児は私のだ」と吼えちゃってますけど、これはどう解釈していいのかな? 客観的にはどう見ても愛の告白としか思えないんですけど(笑)。しかもクラス生徒全員の前で。

まあそんなこんなで結局勝負は亜美が勝って別荘に行くことになったんですが、大河も付いていくことに。何でも「飼い主として」付いていくという事ですけど、さすがにこれは無理がある…とは思ったんですが、大河の気持ちはやはり竜児に向いている? 一方の亜美も(大河の本心に気付きつつも)まだあきらめていないようで、次回サブタイに「海」ってついてますけど、また水着回でしょうか? 楽しみにしてます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1213-9203cbd8

とらドラ!第8話「だれのため」

 プール開きを翌日に控え、水着を購入しに行った大河達。そこで抜群のプロポーションを見せ付ける亜美。対照的に試着室に隠れて水着選びに悩む大河。無理矢理引き込まれ大河にぴったりの水着を選ぼうとした竜児。自宅に帰り泳げない事と胸が小さいコンプレックスを知った...
  • [2008/11/22 22:41]
  • URL |
  • アニメのストーリーと感想 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。