スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ! #14「しあわせの手乗りタイガー」 

文化祭以降、なんでも大河に触ると「幸せになる」という噂が。しかし、文化祭は大河にとって幸せだったか?というとそうとも言い切れないわけで、何か大河の幸せの分が他の人に吸い取られているようではありますね。確かに皮肉な話ではある。
しかし、完全に不幸だったか?といえば、北村と文化祭で一緒に踊ることができたようで、その面では幸せともいえる…のですが、肝心の北村の方にその気が無いのでは。北村といえば生徒会長から何か言われたようですが、一体何を話したのか? これは今後の伏線になりそうです。

そして大河に一番近いはずの竜児は…さて「幸せ」なんだろうか? みのりんとは急速にお近づきになったような印象で、文化祭でゴールしている写真を一緒に買ったり、その際みのりんが照れていたり…みのりん側にも若干の変化が?。
しかし竜児とフラグを立てたのはどちらかといえば亜美の方かなぁ。なんかスゴイ勢いですよ。みんなが亜美のことを大人びたという印象を持つ中、竜児だけ子供扱いしたのが印象的。まあどちらかといえば竜児の方が大人っぽいのかもしれませんが…。竜児は大河やみのりんのことばかりで、亜美は終始複雑な表情。友達以上として亜美の割って入る隙間は果たしてあるのでしょうか?

そして先生ですよ。もう完全に扱いがアレ。生徒に「独身」を連発されると辛いだろうなぁ…。。

ということで、文化祭が終わって2クール目に入るにあたって話の進展は今回はあまりなかったんですが、色々と人間関係がクローズアップされてきました。文化祭の前と後で微妙に立ち位置も変わってきましたね。顕著なのがみのりんと亜美かな? 北村は次回以降になりそうで、さて今まであまり動きの無かった北村が動くことにより人間関係がまたどう変化するのか? 気になるところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1250-523bef5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。