スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらりん☆レボリューション #143「モーモー!にーくんの愛情物語」 

迷い牛を社長を連れて来るといういきなりアレな導入。いやね、ネコとか犬なら分かるんですが、どこからどうやって「牛」という発想にいきつくのか。そしてにーくんがつけた名前がドナ…名前からしていきなりフラグが立ってるんですが…。しかし牛って塩を食べてミネラル摂るんですか?

そして牛と言えば持田ですよ。お前海外行ったんじゃなかったのか? というのはさておき、ドナを引き取ってくれるそうですが、にーくんたちの作戦に引っかかってドナはけっきょくにーくんが。猫の作戦に引っかかる持田はどうだろう。
で、結局のえるの家でこっそりと飼うんですが、いやいや牛をこっそり飼うというのは無理ありすぎじゃね? しかも冷蔵庫から野菜を持っていくという…のえるの母さんは「野菜がなくなっている」…と他人事のようですが、これ普通は警察に連絡するだろ…。
しかし、のえるもさすがに「野菜が無くなる」「うめき声が聞こえる」とか不審に思い始めて、家を探索することになってにーくんはドナを連れて家出。その前に臭いで気付かないものかなぁ?

家出して、ドナが寒くて病気になったり?して、盛り上げるところはまあ盛り上げて、最終的に結局ドナの飼い主はクラウディのちちまろの飼ってるとみこだったという。とみこは結局星司のプライベートジェットでクラウディの元に返され、クラウディからは牛乳が送られてきてそれを飲んで終わり…なんだこの終わり方。というかクラウディが雪だるまの中にいたんですが、すっかり垢抜けたなぁ。
雪の降る中牛であるとみこが寒くて病気になって物置の中にいるのに、きらりたちは外で寝て大丈夫だったんですかね? よく凍死しなかったもんだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1262-141663bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。