スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD~AFTER STORY #12「突然の出来事」 

誰が言ったか知らないけど「クラナドは人生」…なんか分かってきた気がする。

仕事が順調に進んでいるかに見えた朋也でして、栄転?の話もちらほら。まだ仕事初めて1年も経っていないのに大したものですよ。
そして芳野さんの昔話。バンドをやっていたけど、ファンのためにも曲を作らないといけない…ということから次第に誰のために曲を作っているのか分からなくなって、クスリに手をつけてしまったという転落の人生…でも最後まで待ち続けていた人がいた。芳野さんの「大事なもの、見失うなよ」の言葉には重みがある。
転勤を受けるつもりだった朋也でしたが、そこに父親の影が。あの影の薄い父親が犯罪を犯したらしい? 一体何の?というのはこの際重要ではなく、「父親が刑務所に行った」という事実が重要でして、小さい街ではあっという間に悪い噂となって駆けめぐり転勤の話も無かったことに。なるほどこれが「突然の出来事」…ということか。しかし忘れた頃に父親の話がでてきましたね。今まで父親のことを放っておいたツケが回ってきたと言うことでしょうか。

こんな状態で、なんと朋也は渚にプロポーズですよ! しかも渚もあっさりと承諾。まあこれで承諾しなかったらおかしいんですけど。あまり格好のいいプロポーズではなかったですが、こんな状態だからこそ(そして芳野さんの話があって)のプロポーズだからこそ何か重みがある。朋也は果たして「大事なものを見失うなう」事なく行動できたでしょうか。それはこれからの未来が判断することでしょうか。

次回は「卒業」だそうで、渚はやっと学校から卒業できそうです。なんかこのままエンディングに行ってもおかしくないと思うんですが、まだここでアフターが半分。あと1クール一体何をするんでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1264-c94f457f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。