スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらりん☆レボリューション #150「お帰りなさい…幸せのブルーバード」 

ダイヤモンドアイドルクイーン…なんか懐かしい響きだ。またこの時期がやってきました。
今回は「ミルキーウェイ」として出るのではなく、きらり・こべに・のえるの各々個人で出るということになったんですけど、候補がこの3人しかいないというのはどうなのよ。エリナはなんで落選…候補基準がよく分かんないけど、同じ事務所から3人しか出ないというのは何か出来レースっぽいな。きらりだけ圧倒的にキャリアが違うし、のえるとこべにの2人は圧倒的に不利。

しかし、前々から話には出ていたこべにとのえるの「ソロデビュー」の話が現実味を帯びてきました。ソロデビューのためにはどこかできらりとの関係をきっちりつけないといけませんからね、いつかは通らないといけない道です。しかし、そういえばそういってソロデビューしたはずのひかるはどうなったんだろうか…そういえばあの双子もですよ、結局出番なかったなぁ…。

ところでこっそりと帰国していたあおいにきらりは会いに行ってお話。友達(?)であるあおいとは競い合った過去がありますもんね、あおいの忠言は説得力がある。
当初3人で競い合うのに反対していたきらりでしたが、あおいと会って考えが変わって結局個人戦ということに。のえるとこべには明らかに不満そうでした。まあ前述したとおりきらりだけ圧倒的有利ですから、当然きらりには余裕があるだろうからいいけど他の2人にしてみれば不安だらけ。でもきらりもかつてその不安を乗り越えてきたんだから、この2人も乗り越えないと真の「ソロデビュー」は難しんじゃないかな。さて、どうやってのえるとこべには乗り越えていくか…?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1298-2b781667

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。