スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タユタマ -Kiss on my Deity- #1「太転依(たゆたい)」 

原作は未見です。エロゲですか? 監督がスクイズの元永慶太郎氏ということで、期待してもいいのか…なぁ。「あかね色」はいまいちだったような気がしますけど…。

裕理は神社の息子で、父親よりも才能があるらしく、学校の近くにて発掘された石碑(?)をどうにかしようとしたけど、一緒についてきた幼馴染みのアメリがちょっとした事故で壊してしまって、それに封印されていた封印されていた「太転依(たゆたい)」と「三強」が復活。石碑からなんかロリケモ耳な女の子が出てきて一応戦ってましたがどうも力不足で倒れてしまい、裕理が家に連れて帰ってきて、その女の子はマシュマロを好んで食べているから「ましろ」と命名したという展開。そしていきなりの嫁宣言。
そしてロリケモ耳のまま話が進むのかと思ったら、一晩で成長していらっしゃる! これは成長を喜んでいいものかどうかは人によって激しく議論されそうですが、私には残念ロリ属性はあまり無いので大丈夫だ(何が)。しかし幼馴染みの「アメリ」というのはスゴイ名前だな…外国人ですか? 若干自己中な所があり、所謂テンプレ通りな「幼馴染み」ではなさそうではある。声はどこかで聞いたことあると思ったらとかちですか。そうそう声と言えば若本ボイスですよ。やはり他のキャラを食ってしまって存在感が圧倒的です。

しかしなるほど、ヒロインが押しかけて一方的に嫁宣言…そして居候ですか…なんと美味しすぎる展開! 女の子もいっぱい出てきそうだしそういう面では期待。そしてストーリーの根幹となるのは「人間と太転依の共生」ということになるから、メインヒロインはましろということでいいんでしょうか?
EDはまだ完成していないのかダイジェストでした。次回には完成しているといいんですけど。そして作画にちょっと不安が…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1336-2f90db0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。