スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS #4「暗躍:rubato」 

前回のこともあって、よりフォロンと仲良くなっていきなりデレているコーティなんですけど、そんなコーティに靴を投げつけようとするプリネ…うは、何も言わずに投げつけようとするなよ。これは姉よりもある意味凶暴かもしれん…絶対怒らせてはならないキャラですよね。
そんな2人はフォロンを振り向かせようとレンバルトからオシャレするようアドバイスを受けるんですけど、その服装は明らかに別方向を向いている…。というかレンバルトとユギリ姉妹の出会いってこんなものでしたっけ。意外にあっさりとしているというか。

そんな折、第6公社というところからライカが学園の視察にやってくるんですけど、接待するのは学園長代理のユフィ。いきなり親しげにユフィが話しかけるものだからてっきり知り合いとでも思ったんですけど初対面だったようですね。最初は警戒(?)していたユフィなんですけど、年も近いこともあってか気を緩めてしまいました。というか学園長はなんでわざわざ代理を立てたりしたんでしょうか。

フォロンは戦闘訓練の際にコーティをいまいち使えなかったんですけど、女の子だしあんまり戦闘に使いたくない…というのは何ともクサイ台詞。そんなクサイ台詞に反応して顔を赤くするコーティはデレまくりです。しかしここでコーティの「精霊使いがみんないい人とは限らない」「悪用する輩もいる」とは気になる台詞、今後への伏線か。

そして夜、ライカが学園に侵入してきた。やはり何かを探っていたようで、ユフィが辿り着くも逃げおおせたのでした。フォロンの個人情報とと共に。ライカはユフィに対し「学生気分が抜けていない」とはなかなか鋭いところを突く。しょせんユフィのしている仕事はオママゴトにすぎないのか? まあそう言われれば確かに1期はダラダラしてましたけど…。
しかしライカがコーティの事を知っていたのは意外な事実。一体何を探っていたんですかね?

そして忘れ去れていたユギリ姉妹はといえば服を着るだけで満足したのかいつの間にか帰ってました。フォロンを振り向かせる計画はどうなったんだ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1369-d467f99f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。