スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイーンズブレイド -流浪の戦士- #12「開門~女王への道」 

さて、沼地の魔女の軍勢ですよ。あの3人だけではなく今回は大量の物量作戦できました。さすがにこれには苦戦。そんな中レイナが一人だけ取り残されてしまい、あの3人組に囲まれてしまうんですが、連携がまるでなっていないという所が幸いでした。それぞれに因縁がありますからね、レイナモテモテです。
そんなピンチにノワが到着、アレイン教官も一緒です。そして同時にカトレアやユーミルも到着して、今まで登場したキャラ勢揃いの図。さすがにこれだけ集まるとなかなか壮観。今回この場にいないエギドナと暗殺者は見せ場無し?

ということで一番のやられ役メローナなんですけど、なるほど「千変の刺客」という肩書きはその人に化けることができるから…ということなんですが、外見だけは良いんですけど果たして内面は? 力までもコピーできるならそれは凄いけど、最後にレイナに化けたのがまずかった、よりによって一番弱いのに化けるなんて。しかもレイナに化けても結局レイナのドラゴンテイルに敗れる始末。紛い物は紛い物でしかないということか。
…と思ったら巨大な蛇女が出てきましたよ。あまりにも唐突でビックリしたんですが、これはメローナが変身したものなの? 召喚したものなの? というのはさておきコイツだけ縮尺の全く違うでかい代物…なんですがあっさりとレイナに目を突かれて、さらに遅まきながらに登場した女王に石化させられてしまいました。あれだけ面子が揃っていても結局はレイナが美味しいところをもっていくのね。ところで女王のあの格好ですよ、股間のアレはやっぱアレなんですか? しかしこの女王の登場、これがどうにもわざとらしく見える。冒頭で言っていた威厳が云々という話もあるし、ここまで計算しての行動かもしれない。

沼地の魔女の勢力も一掃して、ナナエルが天界に帰るということになってみんなでお見送り。ところでそもそもナナエルの目的ってなんでしたっけ? レイナと同行する…というのは覚えているんですけど、いつまでとか期限決まってましたっけ? どうも記憶があやふやでいかんなぁ。
そして女王がレイナの名を聞いて終わり…………ってアレ、今回が最終回だったの!? 全然気付かんかった。何という「俺たちの戦いはこれからだ」ED。いやぁどうもEDが仰々しいなあと思ってはいたんですよ。しかも「玉座を継ぐ者」が次回のサブタイトルで最終回なのかと勘違いまでしてしまいました。これは2期の話だったんですね。

ということで、どうやら2期があるらしいです。無駄にエロかったですけど、「あざとさ」みたいなのはあんまり感じなかったかな? 一期は各キャラの顔見せだけで終わってしまった感じですが二期はどうなるんですかね。各キャラの掘り下げはすでにある程度してあるし、ひたすら戦いを描くことになるんでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1402-1a33b234

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。