スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲 -Saki- #12「目醒め」 

前回圧倒的な力を見せた久ですけど、今回は後半戦。

福路は過去に対戦したことがあって何やらアドバイスに来たようですけど、それと同時に個人的に久と話したいこともあったようではありますが、今回はそれを封印したようで。福路はなんで片眼を閉じているのかと思ったら、オッドアイなことが恥ずかしい(?)という単純な理由だったようで、特殊能力があるとかギアスの力がどうとかそういう訳ではなかったようです。まあ結構福路の持つ力もチートみたいなもんですけど。
久の「サファイアとルビー」が云々という話は両方とも同じようなもんだから気にするなとか、そういう意味合いで言ったんでしょうか。結局その言葉に囚われてしまって、福路は今でも片眼つぶっていると。久と福路に対しては今回は込み入った話はなかったんですけど、これから何か伏線回収しそうではありますね。

そしてエトペンは透華の執事によって直され、無事に衣によって和の元に戻りました。でも衣は和と友達になりたかったようですけどタイミングを逃してしまった…。和も衣の名前を聞きそびれてしまったし、このすれ違いは何かの伏線になりそう?

ということで、中堅戦の結果は一気に清澄が盛り返して一位に。龍門渕は一の盛り返しもあって2位に浮上、地味な鶴賀は地味なまま振り込みもしないけど上がりもしない展開で3位、風越女子は一気に点を持って行かれて4位ですが後半は耐えてかろうじてトップの清澄との点差はそんなにないといったところか。
そして一と透華とのやりとり。透華「鎖はもういらないみたい」一「鎖がなくなったら透華が遠くなっちゃう」……はいカップル成立! 手を重ねたりと熱すぎる! というか鎖で繋がれた関係というのもちょっとアブノーマルな感じがしてイイですね。あ、これでなんか同人誌が出来そうな気がする!

そして副将戦ということで和が参戦…肝心の咲はまだ寝ているんだろうなぁということでテンション下がりまくりの和ですが、そこに目覚めた咲がやってきて声援で一気にやる気がでましたよ! これが愛する者同士の力というものか! まあどちらかというと和が一方的に愛しているような、そんな気がしなくもないですけど…。
ところで今回のサブタイの「目醒め」ってこのことですか? てっきり誰かの力が開花するとかそんな意味合いだとばかり思ってました。そして階段を降りる咲の動きが無駄に良かった件。ぐりぐり動いてましたけど、明らかにはいてませんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1407-2321028f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。