スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS #11「解体:tempestoso」 

「tempestoso テンペストーソ:嵐のように」 あんまり使わない言葉ですね。

なるほど、コーティがスコアを持っているとかそういうのではなく、コーティそのものがスコアだったのか。ということで、フォロンを逃した後、ボルゾンたちに捕まってしまう。逆にスコアだからこそその場でやられなくても済んだ…というのはありますが、それでも意外にもあっけなく捕まっちゃいましたね。フォロンはエレインドゥースに助けられました。

そして、なんでもコーティは始祖精霊の一人だそうで、実は結構スゴイ精霊らしい。あれ、そう言えばエレインドゥースも始祖精霊じゃなかったっけ? どうだったかな、ど忘れしてしまった。
そのころ、ユフィとレンバルトもそれぞれ対峙していて、それなりに善戦はしていたようですがやはり力の差は埋めがたい? というところにエレインドゥースの一撃、そしてフォロンを戦線に送り届けると同時に消滅してしまった…。学院長を生かすために今まで力を使ってしまっていたから、残り少ない力を使い果たしてしまったと言うことか。

そしてユフィの前にライカが。精霊も居ないのにどうやって戦うのかと思ったら、なるほどユフィの精霊を逆に操ろうという魂胆か。その演奏はどこまでも純粋で一切の邪念が無いと言うことですけど、ここまで来るともう狂信者とも言えますね。狂っているが故に純粋。でもレンバルトが爆薬を使用して精霊を吹っ飛ばした際、武器が飛んでいってライカに直撃というなんともあっけない最期でした。でも後悔とかそういうのは無かったんだろうなぁ…確かにろくな扱い方されてなかったし、悲劇かもしれないけど、本人にとっては幸せだったんだからそれでよかったんでしょう(と思いたい)。

その頃、ダングイスが中心となって歌を届けるという話が。こんな展開どっかで見たことあるなと思ったら「男塾」の初期にあった応援するシーンですよ。富士山まで応援を届けるとかそんな話ありましたよね? しかし、ここにきてダングイスが復活してきましたが、コイツが中心になって人集めしたの? よくあれだけ集まったものだ。いや、本当はもっと人数がいたけどダングイスが中心だったから減ってしまって、それでもあれだけいたとも考えられるな。ところで学院長がまだ居たということはエレインドゥースはまだ完全には消滅していない可能性がありますよね。

そしてスコアの抽出が終わって、コーティは消滅寸前。なんでフォロンはいつも遅いんだよ!(そしてある意味タイミングがいい)。しかし、かつてのクチバ・カオルと今のボルゾンの「違い」って一体なんなんだろう。それがキーとなりそうですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1416-3777d62a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。