スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に #1「Episode I - I opening」 

原作は「ひぐらし」と同じ人という程度の知識しかないです。本当は愛知で見ようと思ったんですが、「ひぐらし解」を打ち切られた苦い経験からAT-Xで視聴。もっともあの打ち切りは東海テレビだったからかもしれませんけど。

ということで、いきなり登場人物がいっぱいでよくわからん…というのが本音。テロップから昭和の話なんだろうなぁというのは何となくわかるんですが、出てくる人の名前がどうも日本人っぽくない(多分狙って居るんだろうけど)。ローザとかクラウスとかルドルフとか…そして主人公はバトラでいいのかな。ジェシカがバトラとの夫婦漫才コンビで、マリアが「うーうー」言っている妹的な存在、そしてこの3人に兄役のジョージがいると思えばいいのかなぁ。それぞれ親は違うようですけど仲は良いみたいです。

右代宮家の爺さんが莫大なお金を持って居るんですが、その遺産争いが勃発しそうな雰囲気(まだ生きているけど)。早くも継承権の高い人たちの間で駆け引きが始まっております。そして気になるところと言えば所謂「黄金伝説」。魔女ペアトリーチェと契約して大量の「金」を獲得した云々という話。それはペアトリーチェの肖像画の下にある石碑にそれらしいことが彫ってあるっぽい。まあどこまでが本当の事かは分かりませんが…。

子供達は親の込み入った事情はあまり気にしていないようですが、突然の雨にマリアはペアトリーチェから傘をもらったという話。ペアトリーチェは存在するのか? というのがまず上がってきましたね。マリアの探していたバラは一体なんかの意味をもつのか? 「ひぐらし」もそうでしたが、一体どこからどこまでが伏線なんだろうか??

そしてOP/ED共に印象的。EDは何かスゴイね…歌もそうなんですが、キャストが「右代官」で埋まっているのは圧巻ですらある。1話だけだと、ここからどう話が進むのかは全然わかりません。遺産を巡っての骨肉の争いがメインになるんでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1438-bec7d786

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。