スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 #2「ひたぎクラブ其ノ貳」 

いやー今頃になって2話見たんですけど、なかなか面白いね。実写演出は好みが別れるけど、アニメの世界でいきなり実写というのは不気味ですよね。これが「夏のあらし」みたいに爆破にだけ使うのならまだギャグとして受け入れられるんですが…。

さて、ひたぎの体重を返して貰おうという話なんですが、体を清めるということで風呂からいきなり全裸で出てきてビックリですよ(暦がいるのに)。これは確かに喜ばしいといえばそうなんですけど、全然恥ずかしがらないというか、逆に何も思わないのかとか逆ギレされる始末。髪を乾かすのを忘れたとかでまた脱ぎだして、結局パンツのままだしこれは羨ましい…けど、あの刺々しい言葉に耐えられる自身はないなぁ。というかよくもまああんなに言葉が沸いて出てくるものですね。

そして取り憑いたカニを取り除くというお話。思いは重いであり、ひたぎの辛い思い出を取り除くのと一緒に体重も取り除いていったという一種の言葉遊びみたいなものですかね。でも言葉には神が宿るとも言うし、あなどれないものがある。
そして辛い思い出というのは母との確執。ひたぎ自身重い病気にかかったようで、それと同時に母が宗教に嵌ってしまって、ひたぎの病気が宗教により治ったものと思ってしまったんだろうか、その代償はひたぎの身体。まあ当然ひたぎも拒否するわけですが、その際宗教者に怪我をさせてしまい、結果家を無くし家庭も崩壊したという…。恐るべきは宗教というところか。
これの「思い出」をカニに渡す代わりに体重も差し出したというのが現状。つまり、思い出を返して貰えば体重も戻るということ。辛い思い出ではあるけど、母との思い出を返して欲しいとはひたぎもなかなか強い。

そしてひたぎには体重が戻ったようで、それと同時になんか性格も別人のようになってましたが、こっちが元々の性格なのかそれとも毒気は隠しているだけなのか…まだまだ油断はできない。自称ツンデレだそうですが、まだツンだけでこれからどこにデレが出てくるのか?
さて、この「化物語」というのはひたぎがヒロインで話が延々と続くのかと思ったら、暦が主役の短編集…と見た方が正解のようですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1445-1e3f79f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。