スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 #5「まよいマイマイ 其ノ参」 

まよいは「迷子のかたつむり」とか言っていましたが、なるほど、まよい自身が「かたつむり」だったのか。家に帰りたくないという気持ちが引き寄せているらしい? 確かに暦(と翼)には家に帰りたくない気持ちがありましたね。

ひたぎが戻ってきて、いきなり謝罪でどうしたことかと思ったら実はひたぎにはまよいが見えていなかった。自分がおかしいんじゃないか?と思われたくなかったから…というのは、こういう所は健気(?)というかなんというか。しかし、これでまよいを見る際のひたぎの違和感というのが何となく理解できました。
まよいは母親に会いに行く途中で交通事故にあって幽霊になり、かたつむりになって迷い続けているという話。母親を延々と探し続けるのはちょっと酷な話でして、だからこそまよいの正体を知ってなお暦は母親を探してあげようと思ったんだろうか。そんな折にひたぎは唐突に「I Love You」と言ってみせたり…これは告白…なのか? あまりに唐突で一体何事かと思った。
さて、暦がそうすることを見込んでいたのか忍野はカタツムリの知らない道を行くという裏技?で綱手さんの家に着くことができたのですが、でもそこは区画整理されていてすでに空き地…それでも一応目的地についたまよいは成仏か。

さてこの後ですよ。ひたぎの告白に対して、一応言葉で返して欲しいと言うことで暦が言った言葉が「戦場ヶ原、蕩れ」…つまりこれで晴れて恋人同士になったということかな? 「まよい編」ではあるけど、終始暦とひたぎの話が根底にあったという構成ですね。しかし…だ、相手は「他の女の臭いがする」って突然言ってくる人ですよ。これは精神的に追いつめられそうだ…。確かに羨ましくもあるけど、ある意味ご愁傷様という気分でもある。

そしてまよいは成仏したと思ったら自縛霊から浮遊霊に昇格したというオチ。霊に序列なんてあるんかいな?? とりあえずこれからも登場してきそうですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1472-8050680e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。