スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 #20「涼宮ハルヒの溜息I」 

いやー終わらない夏が終わってやっと普通の話に戻ってきましたよ。しかしエンドレスエイトの影響で流し見してしまうクセがついてしまったなぁ。

ということで、夏休みが終わって体育祭。まあSOS団が無駄に頑張って(と言ってもハルヒと長門だけだけど)、余計に「謎な団体」という印象が強まっただけのような。まあ無事に終わって何よりというか、ここはまあ軽くスルーしてもいい話かな。

メインはその後の学園祭。いきなりハルヒが映画を撮るとか言い出す始末。夜中にやっていたC級映画を見て、自分ならこれよりマシなものが撮れるという根拠のない確信から来るものなんですが、しかしその結果できたのがあの「ミクルの冒険」なのか…。結局どういったものが出来たのかというのをあらかじめ知っていると結構面白いな。
そして機材集め。いきなり電器屋に行ってビデオカメラを借りてきたり模型店に行ってモデルガンを借りたりと、なにやらみくるをダシに使って何かをしでかそうという魂胆のようだけど…「ミクルの冒険」内にあったCMはこのためなのかな? でもなんかこれだけじゃ無いような気もするんだよなぁ。

ということで、映画制作決定→機材調達までが今回の話か。毎回こんな話だったらDVD買うんだけどな…エンドレスエイトのせいかいまいち購入意欲が沸かない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1482-f1fb3dff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。