スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 #6「するがモンキー 其ノ壹」 

急に3日ほど前から駿河なる後輩につきまとわれるようになった暦なんですが、これが一体何故、何のためにというのはさっぱりわからないまま話が進む。というか駿河という後輩を暦は知っているのか? 初対面…というようには見えなかったんだけど。しかしスカートの下にスパッツ、これは何かイイね。グッとくるものがある。

暦はひたぎの家にお勉強しに。オイオイなんだよこのラブラブ(?)っぷりは。話が微妙にぎこちないんだけど、お互いに人付き合いというのを苦手としているからなんだろうな。しかし、今回は駿河の名前をだしたのがまずかった、急に目に鉛筆を刺してこようとするしこれは怖い…というか付き合ったら最後、墓場まで一緒になりそうな雰囲気。中途半端な気持ちではとても付き合いきれませんよ、万が一別れるなんていったら殺されそうです。
そう思ったら急にデレて卒業したら一緒の進路がイイとか同棲しようかとか態度を急変させてきたりとここら辺がひたぎの魅力なんだろうなぁ~。こういうツンデレ+ヤンデレみたいなのを何と言うんでしょうかね。ああこれが蕩れというものか。

さて、ひたぎ曰く駿河はバスケットのエースだったそうで、ひたぎともそれなりに付き合いはあったらしく2人あわせて「ヴァルハラコンビ」と言われていたらしい。しかしこの名称はちょっと恥ずかしいな…。また、駿河はひたぎの事を慕っていたようで? 最近駿河が暦に付きまとうのはひたぎと付き合う人間かどんななのか見定めようとしているのではないかという話。また、駿河はひたぎの体重の事を知っているというけど突き放して今は疎遠になっているというか赤の他人という関係。まあこれはひたぎ視線からの話で駿河視線からはどう見ているかはわかりませんけど。

そして暦が帰る際、怪しげなボクサー?に殴られて死亡フラグ立ちそうだったんですけど、忘れ物を持ちに来たというひたぎに助けられる。さてこのボクサーは誰か?という事なんですが、まあ今回急に出てきた駿河というキャラを考えるともう答えは明らか。問題は何故いきなり殴ってきたのか?と言うことでしょうか。警告もなにも無しに殴って来るというのは暴言がまず来るひたぎよりもある意味危険かもしれんなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1485-c047a604

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。