スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に #7「Episode II - II early queen move」 

今回は早々とベアトリーチェが実在化(と言っていいのかな)して直接的に干渉してきました。ということはエピソード1とは違う展開になっていくのか? でも直接的に干渉してきている時点でもう「推理」でもなんでも無くなってきているような…。

そして次々と島にやってくる登場人物達。これで面子はそろったか。
マリアは相変わらず人前でうーうーうるさいんですがあれは母親のローザも精神的に参ってくるのはわかるわ。でも公衆の面前で癇癪おこすのはどうだろうなぁ。でもローザもマリアを一人にしてその後心配して戻ってくるあたり、親子の情というのは切れそうで切れていませんね。そんな2人の前に現れるベアトリーチェなんですが、どうもマリアとは知り合いっぽい印象。

エピソード1と決定的に違うのはジョージとシャノンか。即指輪を受け取るというまさかの行動なんですが、これはシャノンが「ベアトリーチェの事は知らないし、信じない」と抵抗する意志があってこそ。行き着いた結論はバトラと一緒なのが興味深いですね。でもだからこそ2人ともさっそく死亡フラグが立ってしまったんですが、ここでカノンがシャノンの命がかかっているとあってベアトリーチェの靴に口づけを。ん~? これで2人の死亡フラグはチャラ?

そして今度は金蔵の4人の兄弟たちの前に姿を現すベアトリーチェ。そして早々と存在を認めてしまいました。何がどういういきさつでベアトリーチェの存在を認めさせたのかは分かんないけど、あの兄弟をして「魔女であることを認めざるを得ない」と言わしめる証拠はなんなんだろう。

でもこの展開で、現時点でベアトリーチェの存在を知るのはバトラ・ジェシカ・ジョージを除く全員になるのか? でも誰がどの時点で死ぬかという違いはあるにせよ、結果的に行き着く先は同じような気がするなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1492-a0a59c35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。