スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に #8「Episode II- III week square」 

なんかモザイクが…。アニメでモザイクというのもギャグとかエロアニメならまだしもシリアスシーンなだけになんか違和感がありますね。

ということで、死んだのは6人、今回は礼拝堂。前回とは面子も場所も違い、ハロウィンということでお腹にお菓子をつめられて、カボチャには金塊が…。今回は顔の判別が付くようにと頭部を破壊せず。逆に言うとエピソード1の際にはなんでわざわざ顔を潰したりしたのか?というのはありますが。

ここで別世界?で推理するバトラなんですが、ここでベアトリーチェは「真実を話す時は必ず赤文字になる」というルールを唐突に提案。これはバトラではなく視聴者を対象にしているという点では新しいんだろうけど、アニメとしてそれをやっちゃったらどうなんだろう?というのはあるなぁ。ここでキーになるのは文字通りマリアの持っていた礼拝堂の鍵か。魔法を使わなくてもみんなが寝ているときにマリアのカバンから鍵を抜き取りまた返す…というのはなんとなくありきたりな推理ではあるな。

そのころ、両親が死んで見つかったのをみて発作を起こしたジェシカはカノンに付き添われて自室に。そこにベアトリーチェが現れるんですが、ついでに「色欲のアスモデウス」と「憤怒のサタン」という新キャラが出てきた! 自らが剣になって突き刺すというもので、これによりジェシカ、カノンが突き刺されて死んでしまった? カノンの死体に関してはベアトリーチェが何処かに移したようですが? ところで唐突に始まったこのバトルシーンですよ。カノンが手から剣みたいなのを出してたけど…あれは魔法じゃないのか?
そして親の中ではローザが唯一生き残ったわけで、また前回の夏妃じゃないけど銃を持ち出してきた。子供を守るというのは立派な意志なんですけど大丈夫かなぁ?

思うのはここまでやっておきながら「魔法じゃない」というのをどう立証しろというのか? ということで、これはもはや推理ものの範疇を軽く超えているんじゃないかという事。ベアトリーチェの部下が云々はまだしも、カノンまでなんか能力を使っている以上これはもう全部魔法のせいでいいんじゃね?と思えてきたんですが…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1498-f8b41158

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。