スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 #24「涼宮ハルヒの溜息V」 

前回、ハルヒとキョンの間に緊張が走ったものの、今回は順調に映画撮影が進む…まあ途中でネコが喋ったりとハプニングはありましたけど。なるほど、あの映画でネコが喋ったのはこういう事だったのか。しかし、今回はハルヒの行動も随分とおとなしくなった(?)ようで、見ているこちら側もそんなにイライラしなかった。前回キョンに拒否されたことが相当堪えたんだろうか。

さて、ネコが喋るとかミクルビームとかそういった事象からも分かるようにハルヒの映画の設定が次々に世界に浸食されてくるという問題が。古泉の指摘するように隕石が落ちてきて欲しいとか思ったらその通りになってしまう可能性も出てきたわけで…。あくまでもこの映画が「作り物」であり、現実とは関係ないと言うことをハルヒが改めて認識する必要がある。古泉の提案は「夢オチ」で終わらせること。なるほど、これは一理あるけど果たしてハルヒが納得するだろうか。

…というのは置いておいて「ハルヒが世界を改変していく」というのが古泉の考え方なら、みくるは「世界はもともとこうであり、ハルヒはそれを発見している」という考え。両者の意見は全く食い違っており、一応古泉、長門、みくるはとりあえず仲間にはなっているけど一枚岩ではない、あくまで呉越同舟である…ということか。また、それぞれが互いの説を認めることも無いと長門。一体どれが真実なのか…結局証明できる物はなにもない…。

そして映画は全てを撮り終わったはいいけど、編集が全く出来ていない状態でキョンが徹夜でやろうとしたら結局途中で寝てしまったけど、起きたらいつの間にか出来ていたという…これは小人の仕業か! 長門か?みくるか?古泉か? …でも、ここまでくると誰が編集したのか?というのはもうどうでもいい問題なのかもしれない。

で、完成したのが「あの映画」なのか…。最後に「フィクションです」としつこいくらいに繰り返させたのは、なるほどこれで映画の設定を全てリセットさせたわけなのか。一応「夢オチ」よりは形になりましたね。
その後キョンとハルヒの2人で喫茶店。デートか? どういうシチュなのかは分からないけどさりげなくハルヒに長門は宇宙人、みくるは未来人、古泉は超能力者ということを言ってみるけど、全然信じないハルヒでした。こんなところは妙に現実的なんですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1511-1bf61dac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。