スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料II #10「狼と孤独な微笑み」 

例の50人会議とかやらは毛皮の売買を「現金に限り」認める決定を下した。もちろん現金を持ってきている外の商人は少ないわけで、先にどれだけの現金を集めることができるか…スピードの勝負になってきますね。

エーブは現金を集めるためにホロを貴族の娘として売り、現金を引き出すという作戦らしい。そのものズバリの人身売買…ということではなく質草に入れるということらしい。ホロを担保に金を借りる…まあ「女房を質に入れてチケット」みたいなものかな? ついでに宿の爺さんは店を譲ってくれるようなことも言ってきた。ロレンスにとっては店が手に入るチャンスか? でもこの街にあえて店を出すメリットはあるんだろうか?
しかし、意外だったのはこのエーブの案にホロが乗ってきたこと。相当リスクは高いはずなんですが、やはりロレンスを信頼しているからなんでしょうかね。失敗すれば本当に売られてしまうのか?というのはさておき、ホロなら難なく逃げられそうな気はするけど。

さて、街で色々と情報を集めてみると。司教は大司教を目指して評判を上げているらしい? エーブは教会と実際に取引しているけど、荷物から本職であるはずの石像以外に塩が…密輸か? エーブはまだロレンスに語っていない隠していることがあるっぽい。
そして酒場では例の娘…ヘレーナでしたっけ、結構積極的にロレンスに迫ってくる。「女の臭いがする」「狼が側にいればそんなにうまい獲物なのかと横取りしたくなる」…なかなか面白いことを言う娘ですね。というか例えがそのものすぎて分かり易い。

そしてエーブと手を組むことにしたロレンス。銀貨1500枚にはなるそうですが、ホロを一瞥した際の視線がちょっと意味深に見えた。エーブは塩のことは何も述べなかったけど、ロレンス側も敢えてなにも言わなかったのは策があってのことか? この「塩」がキーになりそうな気がする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1512-d6b1aae7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。