スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 #10「なでこスネイク 其ノ貮」 

あ…れ…? 何だコレ、全然動かないぞ…まさに紙芝居状態、シャフトやばいの噂は本当だったのか? 一番盛り上がるはずの戦闘シーンが止め絵ばかりというのは…。おかげで今どういう状態なのかさっぱり分からんかった。思えば絶望先生でなんか自虐的とも思えるネタがあったんですが、あれは笑って流したけど今回を見る限り相当ヤバイみたいですな。

さて、話はなぜ撫子にあんな跡がついたのか?ということなんですが、恋愛のもつれらしい。撫子に告った男子が好きだった女の子に逆恨みされた…という事みたいなんですけど、しょせん素人のやることなんで発動しても大したことにはならないらしいんですが、撫子が呪いを解く方法を誤り、その他時期・場所等色々な不運があってこんな大事に至ってしまったとの事。撫子は好きな人がいるから断ったらしいけど、その相手ってもしかして…? つくづくおモテになるようで。

ということで、暦が呪いを解くらしいんですが、撫子が見えやすいように…でするがが準備したのがスク水。やはりするがは変態だな!(褒め言葉)
呪いを解く儀式は上手くいっているかに見えたんですが、途中で急変。実は呪った相手は2人いた!という事実。暦は戦うんですが、残念なことに前述したように紙芝居だったんで、実のところ暦は何と戦っているのかよくわかりませんでした。でもヤバイというところでするがが助けてくれたのはいいけど、蛇は呪った主の所に帰ってしまった…。
呪った主は誰かは分かんないけど、蛇が帰ることで呪い主も危機に陥るならそれは防ぎたいということで、呪い主すらも助けようとしていたんですね暦は。でも誰もかも(呪い主すら)助けようとするけど、それは逆に言うと無責任に通じるわけで。するがの言うように今回助けないといけないのは誰だったのか? 非情ではあるかもしれないけど、どこかで優先順位をつけないといけないし割り切っていかないといけない。

…というところで終わってしまったんですが、なでこ編これで本当に終わりなの? 後の話が何もなく、何だろうこの歯切れの悪さというか、全く終わった感じがしないというか、モヤモヤが残ったというか。まよいやするがみたいにスッキリと終わらなかったものか? それとも原作が元々こうなんでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1513-9d9b2c68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。