スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料II #12「狼ととめどなき涙」 

さて、いよいよ最終回。

やはりエーブと教会は「岩塩の密輸」ということで繋がっていたか。教会の羽振りがよかったのはやはり密輸で儲けていたんですね。
ここでエーブはさらに毛皮の売買を提案するものの教会はすでに強力なパトロンを得ていたようで、エーブを切り捨てに。エーブは岩塩の密輸という重大事項を知っている人間なわけでここで殺されてもおかしくないんですが、敢えて殺さなかったのはエーブに何かの利用価値があると思ったからにほかならない。ここでエーブも引き下がればここまでややこしくならなかったけど、ロレンスを騙してさらに金を儲けようとしたと。
金を儲けようとしてその先にあるものは一体…そしてエーブは何故自分を買った商人のような生き方をするのか? エーブはロレンスにその先にあるものは「期待」と言ったけど、ここでエーブの言う「期待」はどんな意味をもつんだろうか。なんか行き着く先は破滅の道しか無いような気がする。

さて、エーブも一時ロレンスに抑えられちゃったんだけど、そこから逆転してロレンスを気絶させるのでした。殺そうと思えばできたけど敢えてしなかったのは何か思うことがあっての事だとは思うけど、エーブの本心はちょっと分からない(もともと峰打ちで襲いかかっていたみたいだし)。ロレンスに何かを見いだしたのか、ホロに同情したのか。とにかくエーブは宿屋の証書を置いていった…という事は事実、結果それと引き替えにホロを取り戻すことができました。

ホロはロレンスが結局店を持てなかった事にお怒りのようで。そしてロレンスは遂に「好きだ」と告白、遂にやったか! そしてそのまま混乱する街を出て行く…あれ、これで終わり? なんか意外にあっさりとしているというか恒例のニヤニヤタイムをもっと(まあロレンスからキスできるくらいにはなったけど)…。その後の街はどうなったのか? エーブはどうなったのか? それらは結局分からないんですが、まあ今回の話としては店を構える事よりもホロを取ったと言うことの方が重要なわけで、二人の話としてはここで完結していてこれ以上語ることも無いということかな。
最後の教会の鐘の音をバックに街を後にするシーンはなんか印象に残った。「鐘の音」のみというのは下手にEDを入れるよりも効果的でして、これからを祝福しているとも取れるし、少なくともネガティブなイメージはありませんでした。

ということで最終回だったんですが、う~ん…どうだろう、「俺たちの戦いはこれからだ!」みたいな途中で打ち切られたような印象がどうも否めない。その後の話があればちょっとは違うんだろうけど、これが原作通りなのかなぁ? というか、この終わり方はもしかすると第3期に向けての布石か!?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1522-ba09fbe2

(アニメ感想) 狼と香辛料II 第12話 「狼ととめどなき涙」

狼と香辛料II【3】 [Blu-ray]クチコミを見る 暴動で混乱に陥ったレノスの町の裏側で、商人同士の商戦も勃発していた。それを勝ち抜くべく奔走するエーブとロレンス。しかし、商人の誉れである莫大な利益を目前にして、ロレンスの胸には一抹の不安と迷いがあった。傍らの
  • [2009/09/26 08:28]
  • URL |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • TOP ▲

狼と香辛料II 第12話「狼ととめどなき涙」(最終回)

わっちとお別れ(´;ω;`) 「この取引は、危険を承知でやる価値がある」 成功しても失敗しても、ホロとの別れが待っている。 それでも投...
  • [2009/09/27 23:09]
  • URL |
  • 空色きゃんでぃ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。