スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 #12「つばさキャット 其ノ貮」 

あ、あれ? サブタイトルは「つばさキャット」になっているのに羽川の出番がカケラも無かったぞ…。その代わり、暦とひたぎのラブラブっぷりを堪能できて、まあこれはこれで2828できて良かったんだけど。

ということで、前回撫子や羽川と校門で会うちょっと前にひたぎと暦はデートをする約束をしていた。一緒に昼飯食べていたんですけど、ひたぎがご飯を「あーん」をやってきたらほっぺたにわざわざくっつけて箸で取って捨てていたり、なんか普通昼飯というともっと楽しげに食べそうなものなんですが、何でこんなに緊張感に溢れて居るんだろう。

そしてデートは父親が運転する車で…うわぁ、最初のデートで父親同伴かよ…これはキツイ。しかもひたぎも容赦なく言葉責めしてくるし、かといって父親の前で下手なこと言えないし、もうデートじゃなくて罰ゲームかなんかですよコレ。この父親が何も話してこないのがまた緊張感を煽る。
ひたぎは目的地についたら準備をするとかで外に出て行ってしまって、暦は父親と2人きりという環境…よけい気まずくなった。…と思ったら父親は意外にも話の分かる人で「娘を頼む」とまで言ってきたけど、この言葉はどう捉えたものか。そのままの意味で取ってしまっていいんだろうか?

そしてひたぎが見せたかったのは星空。夏の大三角という言葉が出てきたりと、遠くで「まにまに」と繋がったなあ。そしてキスをしましょという話。ひたぎが暦を失うのが恐いから…という理由らしく結構大胆。しかし星空の下で2人きりキスをする…これは「綺麗なシーン」と捉えるべきか「エロイ」と捉えるかでその人が判断されそうですが、ちなみに私は後者でした。まあ結局キス(とその後)のシーンは無かったんですけど、結局どうなったのか気になる……。

ということで、今回が最終回? ひたぎの件はこれでハッピーエンドで良かったんですけど、羽川は一体どうなっちゃったんでしょうか? 解決しないまま終わってしまってなんかモヤモヤが残って気になる。ネットで配信あるらしいですけど、それだったら途中の総集編みたいなのいらなかったからその分話を進めて欲しかったところ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1530-c415d7b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。