スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極上!!めちゃモテ委員長 #27「北神未海うたいます!とどけ恋の応援歌ですわっ」 

前回、歌えない…と言ったみっきーは、過去に大勢の前に立って歌えなかったという過去があったからでした。こういう大舞台に立つときというのは確かに緊張するもので、まあ音楽やっていれば誰もが通る道だと思う。特にコンクール・コンテストといった自分が評価される場合は緊張もさらに倍。そういったメンタル面の克服はどうするか?というのは結構重要なんですけど、この場合みっきーの好きな人に告白して度胸をつけるという方法…なんだけど、それは告白が上手くいったらそれでいいんだけど、もし失敗した場合マイナスなんじゃないのか?

ということで、告白しようとしたら近くに女が!→さらに自信喪失…という流れ。ここで委員長が責任をとって何でもすると言ったら二十九先生は委員長が代役でメインボーカルという唐突な流れ! ちょっと待って、他の合唱部員はそれで納得するの? どこからともなく横から入ってきた委員長にメインボーカル持って行かれちゃったんですよ? と思ったら別にアクションを起こすでもなく、普通に歓迎していたっぽい。そう思うと逆にみっちーの立場は? 誰か心配してやれよ…と思うんですが。

みっちーの方は例の彼の所にいって女がやってきたと思ったら「実は妹でした」という捻りもなんにもないコテコテのオチ。おいおい、今さらそれはないだろう。三角関係からどうやって持ち直すのかとちょっと期待してしまったのに。そして持ち直したみっちーは委員長とデュエット。もともとはみっちー1人で歌うハズだったのに結局委員長が歌ってしまったことになりますよね。「代役」という話はすでに忘れ去られてしまいました。しかし、合唱部で普通のポップな曲を歌うのは違和感があるな…。

そして例のラブアーチ。前回妙に印象に残るような話にしていたんですが、この件に関しては今回あっさりと取って付けたような印象。委員長は結局どのように誘ったのかとか重要なことがすっぽり抜け落ちちゃっているんですけど!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1537-1be6d1fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。