スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこのなく頃に #14「Episode III - III positional play」 

先代とベアトリーチェの魔法勝負。ここはベアトリーチェの方が一枚上手だったか、先代は敗れてしまいました。しかしこうも派手に魔法バトルを繰り広げられると「魔法を信じるな」という方が無理な話で、バトラで無くとも「推理」なんてしようがない。

ここで、上位世界で推理を放り投げそうになっているバトラに先代が近づいてきた。先代はベアトリーチェという名前を譲ったんで名前が無いんですけど、自ら「ワルギリア」と名乗ったんですが、この名前に意味はあるのか? というのはさておき、現ベアトリーチェが迷惑をかけているとかでバトラ側に付いてくれることになった。魔法の権化であるようなワルギリアが魔法を否定するバトラ側に付くというのもなんともおかしな話ではあるんですが、ここで例として「雨乞い」の話を持ち出してきた。今では理論的に話ができるけど、当時の人にしてみれば魔法そのものであったと。所謂シュレーディンガーの猫の話なんですけど、ここでは「魔法」と「リアル」2つの視点で説明ができるという話。現時点では確かに魔法視点からの話が多いんですが、違う見方も出来る…ということになるんですかね。あの冒頭の魔法バトルも説明ができるのか?

ということで、バトラの反撃開始。まず使用人5人と金蔵の死体が発見されたんですが、それぞれが密室で死んでいて、その6つの密室がさらに巨大な密室となっていたという構造。ベアトリーチェの赤字説明によると、密室は外部から侵入できないということであるわけで、逆にこの中に犯人がいると仮説が立てられる。犯人が5人を殺した後に自殺すればどうか? ということなんですが、ベアトリーチェの赤字により「自殺者はいない」と反論されてしまうものの、他殺でも自殺でも無いのなら「事故死」ではないのかという説。珍しく昂ぶったベアトリーチェは何かを言いかけようとしたけどロノウェに口を塞がれてしまった。この説はかなりイイ線をいっているっぽい。また、今回死んだ6人の中に犯人がいるというのもかなり有力。エピソード1・2で最後の方まで生き残り、今回死んだ人物が怪しいということか。でも、第2の晩が起きたらどうなるんだ?? また、今回の死に方から見るにどうも事故死には見えないんですよね。そこら辺りの説明がどうなされるのか?

…と思っていたらエバが黄金の在処に辿り着きましたよ! これでゲームエンドか?
そういえば今回は親が全員生き残ってますね。これも何かの偶然なんだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1546-697e94b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。