スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣の刀鍛冶 #2「悪魔契約 -Valbanill-」 

前回引っ張った対悪魔戦はあっさりとルークが勝ちました。でも刀は1回使用したら壊れる仕様なのか? なんという使い捨て。しかし気になるのが鍛冶もそうなんですけど、あの戦い方ですよ。無茶苦茶強いじゃん…一体何者なんだ?

そしてセシリーの胸のアーマーが壊れてポロリが。おいおいなんという幸運! 意外にもおっぱいでかいらしいんですけど、それを見たリサの目がキラキラ。やっぱ女の子として見ても魅力的なおっぱいなんだろうな。まあルークはフルボッコにされましたが…。
改めてセシリーが刀を作ってくれと言うと、まあそれなりにお金が掛かると言うことなんですが、セシリーも公務員ということで段々と立場が弱くなっていく…分割もダメ、後払いもダメ、前払いの一括払いのみというのはさすがに厳しい。そして相変わらずおっぱいの話を引っ張るリサ、どれだけセシリーのおっぱいが好きなんだ。

さて、政治方面でも話が少しずつ。悪魔契約は禁忌とされているということは何となく分かったけど…そういえばアバンでも意味深な事言ってましたけど結局アレはよく分からんかった。世界を滅ぼそうとするバルバニル(?)の復活を阻止しようという事なんですが、そのためにも「聖剣」なるものが早く欲しいらしい。あと気になることはセシリーとルークが会うことは必然だったっぽい。なんでこの2人でなければならないのか?
そしてセシリーはアリアなる女性の警護を頼まれるんですが。そういえば気になること言ってましたよね、「警護の対象だった積荷」「自分で歩いていった」…そして剣の入っていたらしい空箱…アリアなる女性の正体はいかに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1549-5446408f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。