スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11eyes #1「赤い夜 piros éjszaka」 

AT-Xで視聴、原作はエロゲ? もちろん知らない。
アバンでいきなり主人公の駆の姉が死んでしまったという唐突すぎてショッキングな導入。

赤い月が出ると現実世界から異世界(?)に飛ばされる? いや異世界になると言った方がいいんだろうか。突如として人は消え、その代わりにモンスターみたいなのが出てきて、そして突然モンスターは居なかった、異世界は無かったかのように元の世界に戻る。この変わり目というのが唐突にやってきたりするのがちょっと怖いですね。

さて、この駆は右目が見えない? 瞳の色が違うオッドアイ? ということで眼帯を付けて居るんですがこれがまた目立つ。保健の先生は妙に興味を持ったみたいですけど、そりゃあれだけ派手な眼帯なら目を引きますよ。さて、眼帯というととりあえず「レンタルマギカ」を思い出したんですけど、あんな感じで眼帯の下の眼に力があったりするんでしょうか?

そして再び赤い月が出てきてモンスターが。引き連れているのを見るとどうも駆の姉みたい?…というところで次回に続いたんですが、ぶっちゃけて言うと1話を見た感じでは「よくわからない」。まだ情報量が少なく、キャラも顔見せ程度しか登場していないんで、まだまだこれからどう展開していくかですよね。あと、元がエロゲなのか女の子は豊富で総じて可愛い(あとパンツ)。

ところで「11eyes」というのはメインとなる登場人物が6人いるということなんでしょうか? (駆の片眼+5人)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1561-7db12a5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。