スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11eyes #2「水晶の少女 egy lány -ban kristaly」 

前回モンスターに囲まれた駆とゆかなんですけど、陰陽師である美鈴に助けられました。美鈴によれば赤い夜の世界は所謂「異世界」であり誰かが作ったもので、何らかの能力が持った者が飛ばされるらしい? 誰が、何のためにこんな事を…というのは今のところはさっぱり。その世界の中心には水晶に囲まれた場所があり、そこの中心にはリゼットなる少女が。彼女が全てを作り出したのか? 呼び出したのも彼女なのか? というのは分からないまま今度はボス級の敵が出てきてやられる!と思ったところで運良く丁度元の世界に戻ってこられたという…。このタイミングの良さは偶然と言うよりも作為的のような気がするなあ。

さて、異世界に飛ばされたからには駆にも何らかの能力があるらしい? 明らかに眼帯に隠された目が怪しいんですけど見てみればオッドアイ、それに反応して美鈴が自身のお腹をさわったのは何か関係があるんだろうか。あと、美鈴が言うにはあと3人異世界に飛ばされた人がいるらしいけど美鈴は詳しくは知らないようだ。「戦っていた」という事から戦闘能力があるというのは言えそうですが。あと、駆と同時に異世界に飛ばされたゆかは能力があるのか?という点はまだ分からない。
そういえばネコを追っていたという転校生の栞は意味が分からなくて逆に気になる存在。そして駆のバイト先の新人に雪子という女の子が入ってきたんですが、傷が一瞬で治ったりと明らかに怪しい。美鈴の言う3人の1人なのは間違いないだろう。

そして図書館で調べ物をする駆の前に姉が? 本を取ったらいきなり反対側に居るというのは軽くホラーだな。そして「悪魔を目覚めさせたのはあなたです」という文章が書かれた謎の紙が…。

ということで話はよく分かんないんですが、謎が多いぶん逆にそこが面白いと思えてきた。これはなかなか化けるかもしれんぞ…。ところでサブタイにある「egy lany -ban kristaly」って何語でしょうか? kristalyはなんとなくクリスタルと分かるけど…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1563-904865b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。