スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そらのおとしもの #3「エンジェロイド初体験(0シレイ)」 

前回がアレだったせいか、今回が至って普通に見えてしまう不思議。

智樹が数学の宿題をそあらとしているんですけど、全然出来なくて「ヒューマノイド」のイカルスなら出来るんじゃないかと思ったら全くできないということで守型先輩に。この守型先輩がイカロスについて色々と探りを入れ始めるんですが、そういえば今まで誰もイカロスの存在について疑問に持っていなかったんですよね。そもそも何処からきたのか、何をしにきたのか、イカロスについては何もわからない。先輩が探りを入れても結局よく分からないというか、そもそもイカロス本人が自分が何者かをよく分かっていない様子。

ということで、カレーの買い出しをさせて様子を見てみようと言うことで「イカロスの初めてのお使い」。…はカレーの材料のハズなのに何故かスイカを買ってみたり、ルーの代わりが醤油だったり、肉と言われてヒヨコ買ってきたり(これはある意味あってはいるけど)、これは確かに赤点だなあ。かと思えば魚釣りでマッハ24でアマゾンまで飛んで魚を獲ってきたりと性能(?)は抜群。守型先輩の感じているように確かに頭と性能のアンバランスさが目立つ。

普通にイイ話だったりギャグしていたりするんですが、イカロスに潜む暗い影がちょっと不安にさせてくれる。また、今回妙に印象に残ったスイカは何かの伏線か何かなんだろうか?
そしてEDは「太陽がくれた季節」…えっ、これ毎回ED代わるの? しかも昭和名曲シリーズ、懐かしいなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1568-cea4d8e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。