スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #1「プロムナイト」 

あれ? 見る番組を間違えた?

なんか延々と「アストライアの天秤」というバラエティ番組が続くんですが、ヴァンパイアの検証をするとかなんとか。これがまた安っぽくてつまらなそうな番組に仕立て上げているんですよ。テロップをわざわざ入れたり映画の番宣入れたり、安っぽいバラエティの再現度が無駄にすごい。そしてゲストの5人がまたどこかで見たことのあるようなバラエティ番組っぽいゲストですけど、この漫画家さんは御本人でしょうか?

さて吸血鬼の仕業とされる杉並区の連続通り魔事件、この検証にゲストとして自称ヴァンパイアの女王なる人物が出てきて、吸血鬼の右腕とされるモノを出すんですが、これは本物かどうか? そして女王はこの右腕の持ち主を下等極まりないと言ったらゲストの一人の役者が正体を現した。なるほど、テレビで放映することで取り逃がしたヴァンパイアをおびき寄せようという魂胆だったようですが、番組内で正体を現すとは思った以上に近くにいたということか。しかし想像していたヴァンパイアとは違ってカメレオンみたいな外見、まさに知性を感じない下等生物っぽかった。

そして女王ミナが下等吸血鬼に死を命ずると、逆らえずに死んでしまった…。こっちのミナとちっこい方が女王と言うことか。さっき出てきたおっぱい揺れてた自称ヴァンパイアの女王は部下か何かかな? それにしては風格があったけど。そしてミナは東京の埋め立て地にヴァンパイアバンドを設立すると宣言するのでした。

ということで仕掛け満載の1話は面白かった。上手くやったもんだと思います。ヴァンパイアものということで、もっと陰鬱かと思ったけど、意外にもそうではない? そしてこのミナの声は悠木碧、パティシエール、きるみんに続きレギュラー。最近は随分とプッシュされているっぽいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1642-94a331b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。