スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #4「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」 

相変わらずラッパが上手くならないカナタなんですけど、今回はノエルと一緒に街に物資の補給。まあ所謂ノエル当番回…といったところか。タケミカヅチの部品になるレンズの調達を巡ってガラス職人の家で色々と。相変わらず街の雰囲気にのほほんとする様は「ARIA」に近いですね。それでいて見え隠れする戦争の影。今回は戦争孤児が出てきましたけど、戦争があったのはそんなに遠い過去ではないらしい。
しかしカナタ曰く「タケミカヅチは良い戦車」…って戦車に良いとか悪いとか性格はあるのかなあ。性能が良い悪いはあると思うんだけど。まあ良い悪いを決めるのは結局は使う人間次第と言うことなんですよね。

カナタがガラス細工を叩いて音を出したとき、私はAの音だと思ったんですけど、カナタ曰くA♭だったとは…私の音感はいまいち冴えない。そして今回ガラス職人のところで何かを思いついたのかラッパが急に上手くなったんですけど、一金管奏者として見るなら、これは多分良い具合に脱力したからじゃないかなと思う。口の辺りの力の入れ方が今までかなり圧力をかけているよう見受けられましたけど、今回の映像を見る限り相当いい姿勢になっている。姿勢一つでこんなに変わるモノかと思うかもしれませんけど、若いうちは意識することで相当変わる。というか、若いときに唇をイイ感じに整えていかないと、歳をとってからではとても直せないと経験者は言っておこう。私はダブルアンブシュアというのに悩まされて、結局そのままになってしまった…。

そういえば一金管奏者としてゲームもちょっと気になってます。金管五重奏を作り上げていくゲームだそうですが、ちょっと私はウルサイですよ?(とはいっても県大会でダメ金レベルだけど)。とうとうPSPを買うときが来たかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1657-693d3a1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。