スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #6「彼方ノ休日・髪結イ」 

カナタが給料を貰って休日を過ごしている間にフィリシア達は裏で何か取引…? 辺境なのにちゃんと給料が出る…というところは言われなければ気にしなかったんだけど、改めて言われると何かあるのかと勘ぐってしまって、てっきり体でも売っているのかと思ったのは私だけでいい。でも、あれ? これでなんかエロイ本が作れそうじゃね?

そしてリオ妙に芝居かかったセリフといい何かオチがあるんだろうなと思ったら酒の密造・密売でした…ってそれは結構大事なんじゃないのか。外からマフィアがやってきたのを追い出すために地元のマフィアと演技して追い出す…という手段をとって出るんだけど、なんというズブズブの癒着関係。これも「生きるため」に必要な事なんだろうなあ。そして、今回はカナタは所謂副業には参加しなかったんですが、この仕事は明らかにカナタには向いてないですよね。まあ副業をしないならしないでこしたことはないんですが。そして今まで戦車とか出てきているけど、いざ実際に銃が出てくると違和感あるな。なんだろうねこの感覚。
そういえば「見えない死神」というのは疫病なのか生物兵器なのか、もしかしたら放射能の類かもしれないけど、正体はいまいち分からない。どことなく暗い雰囲気が見え隠れするのは本作の特徴か。まあ最終的には「いい話」で終わるのも特徴だけど。

そしてAパートは隊の裏家業の話、Bパートはカナタの休日という話だったんですけど、同一時間軸だったんですね。爆竹と銃声が重なったりとか、車を潰した落石がどこから落ちてきたのかとか、なかなか面白い構成になってました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1669-7dffd1db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。