スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまもりひまり #7「猫の想いと魔法少女のユウウツ」 

くえすがリズリットの喫茶にやってきて挨拶。相変わらず高圧的な態度ですね。やはり、優人とは許嫁同士らしい。
ついでにキスしたことも(凜子たちの前で)バラしてしまった! けど、逆にひまりから「優人が自分からしたキスじゃない」と突っ込まれる始末。ひまりの場合は「優人が自分からキスしようとしたこと」に関してはくえすに対して優位な立場にあると言えるかな。完全にひまりとくえすの2人の戦いになってしまって、蚊帳の外の凜子…幼馴染みという立場はなかなか生きてこないな。

あと、くえすが積極的に妖を斬ろうとしているのに対し、優人はあくまでも斬らないという立場を崩さない。優人は流されがちなんだけど、一応自分の立ち位置というのを分かっているみたいだ。そういえば優人のネコアレルギーはくえすの仕業らしい? そういえばそんな設定ありましたね、忘れてました。そして結局くえすは優人の事が好きなのか? 本人の口から出てくるのは鬼斬り役末席とかそういう話ばかりで、確かにそういう話があって鬱屈しているのは分かるんだけど、優人(の家柄)を利用しようという印象ばかりが出てきて肝心の本人がどう想っているかがよく分からない。

そしてひまりはくえすに戦いを挑む。くえすの持ち出したのは銃、こういうバトルってお札とか出てきそうなものなんですけど銃弾が出てくるとはちょっと意外。その銃弾の前にひまりも本性を出しそうになってくえすに襲いかかるんですが、ちょっとの所で理性が働いて完全にケモノになるのは避けられたみたい。そんなひまりにくえすは震えている…恐怖しているというのか。

ということで話としてはそんなに進展が無かったかな。くえすに関する話がどういう形で決着するのか…というのはなんとなく予想は出来るんだけど、結果としてあのハーレムの中にくえすが入ったとしても何か浮きそうだなあ。そしてアイキャッチのメガネの女の子は誰だったっけ? 全然覚えてない…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1671-dc83baf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。