スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #7「蝉時雨・精霊流シ」 

ちょうど時期は夏、カナタの地方では一応「お盆」という行事が残っていたみたいで。こちらの地方では「フィーエスタ・デュ・ルミエール」、フランス語で「光の祭」と言ったところか。灯籠流しみたいな事をやるみたい。

そしてフィリシアの過去、18歳にしてはなかなか壮絶な過去だった。フィリシアは最前線で戦っていた時期があって、その時も戦車兵で装填手だったらしい。戦車が被弾して自分だけ生き残ってしまって戦友を一気に亡くしてしまった。そして頭の中に残る「世界が滅びに向っているならなぜ戦っているのか?」という問い。これはなかなか重い話だ。

そして世界観からいえば、フィリシアが最前線で戦っていたことから戦争は遠くない昔だったという事(もしかしたらどこかでまだ戦争しているのかもしれない)が分かる。父母を亡くした戦争孤児が居ることからも時期的には一致するかな。しかし日本語がすでに過去の遺物になっていることから、遠い昔に大絶滅みたいな事があったんだろう(それが旧世代の話か)。それでもなお戦争を繰り返し世界は疲弊していく。

そして戦車も動いているところは初めて登場? 多脚戦車…とでも言えばいいのかな、あれは安定性が悪そうだ。操縦席は相当のオーバーテクノロジーなんですが、砲弾が自動装填じゃなかったり伝達手段がラッパだけだったりとどうも技術面ではちぐはぐさが目立ちますね。

しかしなるほど、今回の話で世界観が色々と分かってきた。今まで何かモヤモヤした重苦しさがあると思っていたのもさもありなんといったところか。こういった主人公たちが単なる一兵士で、ありがちな世界を救う存在でもなんでもないというのはかなり好きだ。そして世界観の情報を小出しにしてくることで、どういった世界なのか?と色々想像できるのも楽しい。いやはや断然面白くなってきたじゃないの、私の中で評価が急上昇中でこれはDVD購入コースも視野に入ってきたぞ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1673-7278c31a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。