スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数日でみたアニメの最終回について 

ここ数日でみたアニメの最終回。冬アニメも色々と最終回を迎えて寂しくなりますね。

●ちゅーぶら
先生の家が火事になったという話は一体何処に行ってしまったんだ…あれ伏線だと思ったんだけど全然関係ありませんでした。どうもなんか不完全燃焼感があるなあ。しかし中学一年生の女の子はあんなパンツの話をしていたりするのか? いや知らないけど…いや知ってたら犯罪になりかねんけど。小町くんはちょっとうざかったか…いや年頃の中学生というのはあんなもんかもしれんな。中学生時代なんてもう全然覚えてないけど。

●とある科学の超電磁砲
なかなか面白かった。禁書目録の方は長い説教&よく分からん設定が辛くて途中で挫折してしまったんだけど、こちらは最後まで見られました。それにしても最後の方に出てきたテレスティーナがあまりにも分かり易い悪役っぷり&小物っぷり。ここまでくるとギャグに近いんだけど、だからこそ話に入りやすかったのかもしれんな。しかしスピンオフの方が面白いとは…。

●れでぃ×ばと
非常にわかりやすいパンツアニメでした。まあ原作が続いているアニメの落としどころとしてはこんなところか。ほぼ同じスタッフのかのこんよりはエロは控えめだったかな? 個人的には中原&川澄ボイスを堪能できたんでそれだけで結構満足。しかし何を思ったのか本当のパンツが発売されるそうですけど、いやホント何を考えたらこんな発想がでてくるのか色々な意味でビックリです(しかも微妙にガッカリパンツだったりする)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1687-8469d1fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。