スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閃光のナイトレイド #1「救出行」 

AT-Xにて視聴、ソラノヲトに続くアニメノチカラ第二弾が今作。
ソラノヲトが超未来を描いていたと思ったら今度は1931年の上海。スパイアクションものと見ればいいのだろうけど、それプラス超能力というところか。全体的に漂う「戦前」な雰囲気がたまりませんね。このシリーズ、背景もそうなんだけど雰囲気を出すのが上手い。そして冒頭、中国語が飛び交う様はまさに大陸、声優さんたちも相当頑張ってます。

ということで「桜井機関」という特殊機関による諜報活動がメイン。構成は4人で成り立っているらしく、それぞれ有視界テレポート、90秒限定のサイコネシス、花の香りによるテレパス、月の光による透視(?)といった能力を持っているらしい。際限なく利用できるのではなく能力制限があるというのがなかなか興味深い。ただ、この機関がどのようにして発足したのか、この超能力者はどうやって集められたのかは全く説明が無くて分からない。

軍閥に囚われた財閥の鏑木会長という人を救い出すというのが目的という、導入部も何も無しにいきなり単発ミッション。とりあえず今回はキャラとその能力を覚えればいいかな。ソラノヲトもそうだったんだけど結構見る人に解釈を委ねてきますね、こういうのは結構好きだなあ。アニメオリジナルと言うことでこれからも期待大です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1711-3bffe45d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。