スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リルぷりっ #4「お師匠さまがやってきた☆ぷりっ!」 

名月が留守番を頼まれた…という話。名月の家はどうも相当いいところみたいでかなりでかい家に住んでまして、なんでも呉服屋を営んでいる?らしい。そこにやってきたのは踊りの先生みたいなんですけどいちいち行動に「喝!」、というか関係のないりんごとレイラにも説教してくるしこれはなかなか口うるさそうなババア…いや師匠であらせられる。

その先生は注文していた反物を受け取りにきたんですけど、今日に限って違うところに置いてあるらしくて名月迷っちゃいましたけど、その間時間稼ぎをするりんごとレイラ。正直言うとあんな先生に時間稼ぎでも付き合わされたら発狂するレベルなんですけど、りんごとレイラはその点素直でよろしい。しかしこの反物がまた分かりにくいところにあった上に積み上げられた反物の下の方にあったりとまた面倒なことに。というか今日客が来ることが分かっているならせめて上の方に置いておいてあげてくださいよ。焦って無理矢理取ろうとしたのが良くなかった、反物は崩れるは注文されていたのは破れてしまうわで大変なことになってしまいました。最初から何分までにとか言わなければもうちょっと余裕があったんだろうけどなー。

案の定先生は怒ったんですけど素直に認めたことは褒めてくれて、逆にそもそも注文した反物はいまいち乗り気じゃなかったとか、百花繚乱で新しいインスピレーションを得たとか、他の反物も全部買うとか言い出す始末。りんごたちも何故かリルぷりに変身して歌を歌って先生のインスピレーションをさらにアップ! というかもう問題は解決したのにわざわざ変身して歌い出すとか、今回は歌の挿入にちょっと無理矢理感があったな…。そこまで無理して歌を入れなくてもいいよ! この無理矢理感、なんというかきらりんを思い出しますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/1725-c1c2aafc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。